飲食業界に転職したい!評価される履歴書の書き方とは?

ここでは飲食業界で評価される履歴書の書き方について解説していきます。
飲食業界だと、「料理のことについて詳しい人だけが評価される」と思われがちです。

ただ、経営面や運営面など多角的な知識が必要になるので、飲食店にとってメリットのある人材と思わせることができれば、採用される可能性も高まります。

実際にどんな履歴書の書き方が良いのか見ていきましょう!

マーケティングを経験

「前職では、営業・マーケティング部門を担当していました。
おもちゃを取り扱っている会社だったのですが、商品を作るときの材料費などの仕入れ値、そして売値を計上し、利益率を考慮しながら商品開発に努めていました。

単純に良い商品を出すというだけでなく、いかに利益率を上げて売り上げを伸ばすか、ということを常日頃から考えていました。

こういった考えは、飲食業界にも通ずる部分があるかと思います。
その時々でいかに安く仕入れ、それでいて高品質な料理を出すか。
そういった経験が御社でも生かせればと考えています。」

料理を作る側ではなく、経営する側の視野に立った体験談。
経営していく上で、こういった視野の従業員も必要なので、非常に魅力的な履歴書となります。

店頭に立つというより、マネージャーとしてこの店舗の売り上げを管理する立場として、理想的な人材ですね。
飲食店の管理側の人材を募集しているケースなら、こういった書き方も良いでしょう。

クレーム処理を体験

「前職では自社が提供しているサービスの問い合わせ窓口を担当していました。
商品に関するお問合せや疑問、クレームなどの対応をしていました。

当然マニュアルには載っていない質問を受けることもあり、四苦八苦したケースもありますが、その都度お客様にご理解いただけるような返答を心がけていました。

こういった時に決して腹を立てて反論するのではなく、常にお客様目線に立って、どのような解決法が最適なのかを考えて対応していました。

もちろん不条理なお問い合わせもありましたが、そういったときでも冷静に対応することを心がけていました。

飲食業界でも日々、お客様からのクレームが届くと聞いています。
そういったときでも冷静に対応できる所作を学んでいると自負しております。」

正直、クレーム処理というのは誰もがやりたくない対応。
その部分で経験があるというのは非常に心強い存在です。

冷静な気持ちを持っている人なら、お客様を満足させる説明ができそうですね。
店舗スタッフでも良いですし、お問い合わせ担当としても魅力的な存在ですね。

調理場を経験

「前職では、○○ホテルのレストランで調理場を担当していました。
主にフレンチをメインに任されていて、ワインの選択から全て担当していました。
オードブルの調理以外にデザートも担当、また新人への技術指導やメニュー開発など多岐に渡って対応していました。

予算管理者と話し合いをして、食材の発注も行っていました。
与えられた食材で何かを作るというだけでなく、市場価値や売上なども考慮した業務を行っていました。」

これは即戦力となりそうな履歴書ですね。
調理場の経験があれば、どんなことを担当していたのか記載すると良いでしょう。
アルバイトの調理場担当と違い、正社員での経験なら「部下の指導をしていた」ということも評価されます。

まとめ

以上、飲食業界から評価されやすい履歴書の書き方について紹介しました。
実際に飲食業界で必要とされる業務経験があるとベストですね。
たとえ異業種からの挑戦でも、飲食業界と通ずる部分が何かしらあるかと思います。
そういった側面から履歴書を書けば良いアピールになるでしょう。

飲食業向けおすすめ転職・求人サイト徹底比較!

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る