飲食店求人の正社員として採用される人の7つの特徴とは?おすすめの転職エージェントも紹介

飲食店の求人をチェックすると、正社員よりもパートやアルバイト募集の方が多いです。
やはり正社員となると、固定給+手当(ボーナスなど)が必要ですから、人件費がかさんでしまうといったデメリットがあります。
お店側から考えれば人件費や閑散期の人員整理などを考えて、アルバイトを積極的に採用するケースが目立っています。

では「飲食店で正社員として働くことはできないのか」というと、そんなことはありません。
正社員として雇いたいと思わせるような人物がいれば、採用を考えているお店も多いです。

飲食店求人の正社員として採用される人の7つの特徴とは?

ここでは正社員として採用される人物の特徴をまとめました。

【特徴1】店長代理経験がある人

正社員として採用される確率が高いのは、店長代理経験がある人物です。
店長代理経験があれば、飲食店の流れや管理について把握している人物がほとんどです。

人の流れ、物の流れ、お金の流れなど。
商品の発注、在庫管理、従業員の育成、売上管理、予算の計上などすべてにおいて把握しているため、お店側としても即戦力として扱いやすいです。

店長不在時に店長代理の役割をこなすことができる人物は高く評価されます。
また店長代理の役割を担っていたということは長時間労働にも耐えうる体力、気配り、指導力などがあると考えられます。

人手不足の時や急な欠勤者が出た場合、代わりに出勤することもあったでしょう。
そういった責任感が強い人物という印象を持たれます。
店長代理経験があれば様々な飲食店で、内定をもらえる可能性が高いです。

尚、飲食店関係の仕事でエリアマネージャーやスーパーバイザーといった役割もありますが、現場を知っておくという意味では、実際にお店で働いていた店長代理経験の方が評価は高いです。

もちろん店長代理経験、店長などを経て、エリアマネージャーになった、ということでしたらさらに評価も高まります。

【特徴2】飲食店でのパート、アルバイト経験がある人

飲食店でパート、アルバイト経験がある人も正社員として採用される可能性が高まります。
特に2年、3年と長期にわたって経験している人であれば、より評価が高まります。

パート、アルバイト経験がある人の強みは現場の様子を把握していることはもちろんのこと、辛い部分も経験した上で正社員として応募している点。

どうしても飲食店はネガティブなイメージも強いです。

飲食店のネガティブなイメージ

  • 労働条件が過酷
  • 休みがない
  • 給料が安い

こういったイメージが定着してしまい、慢性的な人手不足に陥っている店舗も少なくありません。
有効求人倍率でも常に他の業種に比べて、高い数値を記録していて求職者数より求人数のほうが多い状況が続いています。
こういった過酷な状況を理解した上で正社員として応募しているので、継続的な就業が見込めます。

飲食店の従業員として働いたことがない方だと、あまりの過酷さに数ヶ月で辞めてしまうというケースも少なくありません。こういった側面を考慮して飲食店経験者は高い評価を得られます。

そして飲食店経験者の中で、特に評価が高いのはオールラウンドで経験している人。

飲食店のオールラウンドな業務経験

  • フロントマンとして接客対応ができる
  • キッチンで調理ができる
  • 事務処理を行うことができる
  • 清掃、クリーニングができる
  • 人員配置ができる

飲食店で様々な業務経験があれば、常に誰かのサポートが出来るので重宝されます。

【特徴3】国家資格を所有している人

飲食店に関わる国家資格を所有している方もアドバンテージがあります。
具体的には下記のような資格です。

飲食店の国家資格

  • 調理師
  • 調理技能士
  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • 食品衛生管理者

例えば調理師免許を取得している人は調理の技術だけでなく、栄養や衛生に関しての理解がある人物です。

飲食店は実は、調理師免許がなくても調理することができるのですが、調理師免許を取得していれば高い技術の証明になります。
求職者が多数いれば、調理師免許取得者を積極的に採用するケースが多いです。

他にはパンを取り扱っているところならパン製造技能士、お菓子を取り扱っているところなら製菓衛生士などの資格もアドバンテージがあります。

ただ、チェーン店やフランチャイズ店だと、すでに製造工程や材料などが決まっているため、自分の考えを反映する事は難しいです。オリジナルメニューの開発も兼ねている店舗なら、そういった資格があると優遇される可能性があります。

【特徴4】体力的なアドバンテージがある人

飲食業界では体力的なアドバンテージがある人は重宝されます。
どうしても長時間労働、休日の少なさなどがありますから、そういった状況でも耐えられる人物が求められています。

飲食業は業務の特性上、土日祝日になればお客さんが増え、お店が忙しくなります。
そういった時はほとんどの方が勤務になります。
プライベートな時間を削って働くケースも珍しくありません。

お店によっては365日24時間営業のところもあります。
特定の休みが得られないといったデメリットもありますので、そういったことも理解した上で働ける体力が必要になります。

ただ、体力自慢というのはその場ですぐに判断できるものではありませんから、過去の実績をアピールする必要があります。
例えば下記のようなアピール。

  • 「前職では5年間、1度も体調不良で休んだことはありません。」
  • 「前職は運送業として働いていて、重い荷物も運んでいました。」
  • 「営業で外回りが多い仕事でしたが、その分体力には自信を持っています。」

こういった経験を伝え、飲食業界でも働ける体力があるとアピールしましょう。
業務以外では「常日頃運動をしている」、「ジムに通っている」といったアピールも良いでしょう。

新卒の場合は、部活動でのアピールなどもありますね。飲食店ではタフな人物が望まれていますから、そういった状況に耐えうる体力をアピールしましょう。

【特徴5】礼儀作法が身に付いている人

飲食業は接客がとても大切です。
接客の仕方次第で売り上げが大きく変わることもあります。
もし従業員の態度が悪いと最近はSNSなどで、たちまち噂も広がってしまいます。
そういった意味では、礼儀作法が身に付いている人物も飲食業界では重宝されます。

ポイントは面接での言葉遣いや履歴書、職務経歴書の文章です。
特に面接では人となりが相手に伝わるので、どんな言葉を選んで、どんな伝え方をするのかによって印象が大きく変わります。

面接でよく見せようと思っても、普段からの行いが良くないと面接でそういった部分が垣間見えることがあります。丁寧語、謙譲語など最低限のルールは知っておいた方が飲食店で働ける可能性が高まります。

飲食店で正社員として働く場合、「調理だけやりたい」などと指定することは難しいでしょう。
様々な現場を経験することになります。
接客も必ずありますから、礼儀作法が身についているかどうかはとても大切です。

【特徴6】気配りができる人

飲食店では気配りができるかどうかで、客足の伸びにも関わってきますし、業務の円滑さにもつながってきます。
例えば、店内が満員でお客さんが新たに入ってきた場合、どのように対応しますか?

満員だからとお客様を放置していたら、そのお客さんは帰ってしまうかもしれません。
そんな時、一言声をかける気配りがあるかどうかが大切です。

「あいにく満員でして少々お時間頂く形になりますが、よろしいでしょうか?
だいたい5分から15分程度お待ちいただいています。」

このように一言声をかけることで、お客さんも「ちょっとなら待とうかな」という気になります。
こういったちょっとした積み重ねが売り上げにつながっていきます。

また、お客さんに対してだけでなく、同僚に対しても気配りできるかどうかが大切。
代わりにレジ対応をする、代わりにオーダーを取る、代わりに食器を下げるなど。

お客さんが帰った後のテーブルをいつまでもそのままにしておくと、次のお客さんの案内がスムーズにいきません。いかに滞りなく業務を進めるかはとても大事です。

【特徴7】スピード感がある人

飲食店は混雑時の対応によって、お客さんのリピーター率も変わってきます。
スピード感がないと、「ずいぶんと待たせるし、手際も悪いからもうこのお店に来るのはやめよう」と思われてしまいます。

例えば、調理をする人ならスピーディーに調理し、盛り付けを行う。
鉄板ものは熱いまま提供する、デザートは溶けないうちに提供する
など。

ホールの接客ではスムーズにお客様を誘導する、お会計をスピーディーに済ませるなど。
回転率を上げることで売り上げも伸びますし、リピーターも増えます。

失敗のないように進めることももちろん大切ですが、スピード感がなく、自分のタイミング、感覚で業務を行うのは好ましくありません。

最初はもちろん慣れないこともあり、いきなりスピード感を持って作業をするのは難しいでしょう。しかし、スピード感を持って作業をする意欲や熱意がない人は飲食業界には向いていません。

飲食店の正社員として転職するのに、おすすめの転職エージェントは?

飲食店業界への転職をお考えならフーズラボエージェント利用してみてはいかがでしょうか?
フーズラボエージェントは飲食業界に特化した転職エージェントです。

これまでの経験に応じて仕事紹介が受けられます。
すでに飲食業界で働いていて、店長経験がある、シェフとしての経験があるということでしたら、レストランやホテルなどの求人を多数ご用意しています。

一方、全く飲食業界で働いたことがない、高校時代のアルバイト経験程度ということでも問題ありません。
未経験OKの飲食業界求人があり、カフェ店員やファーストフード店の正社員などの求人があります。

飲食業界のことを分かっているキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので安心

フーズラボエージェントの特徴として、飲食業界で働いていた方がキャリアアドバイザーをしている点が挙げられます。
飲食業界のことを分かっている方がサポートしてくれますので安心感があります。

そして飲食業界とのコネクションも豊富です。
そのため、レストランやホテルで「フーズラボ経由で正社員を採用したい!」と考えている企業がたくさんあります。
フーズラボが飲食業界の正社員紹介に強い理由として、「食に関わる人の雇用を生み出したい」というコンセプトがあるからです。

慢性的な人手不足を解消するのはパートやアルバイトだけでなく、正社員が重要と考えています。
そのため店長、料理長、幹部候補などの正社員募集を多く取り扱っています。

フーズラボエージェントの利用者年齢層は幅広い

また、フーズラボエージェントの利用者年齢層は非常に幅広いです。
10代から40代の方が主に利用しています。
就業先の従業員平均年齢なども、ご希望があればお伝えすることが可能です。

フーズラボエージェントではまずご登録いただいた後、担当キャリアアドバイザーからご連絡を差し上げます。
その後、キャリアアドバイザーからご登録者のご希望に合った求人をいくつか紹介します。

そして実際に希望する求人がございましたら面接設定、条件交渉を行います。
面接対策や職務経歴書添削等もご希望があれば対応いたします。
面接同行もOKです。

また、内定後に条件交渉することも可能です。
年収がアップする方も多く、中には170万円アップした方も!(居酒屋チェーン店店長から大手チェーン店への転職)

キャリアアドバイザーが条件面でも尽力してくれるのも嬉しいところ。飲食業界への転職をお考えの方は飲食業界に特化した転職エージェントを活用するのもよいでしょう。

フーズラボエージェントについては、下記ページにて詳しく解説してますので、参考にどうぞ。

フーズラボエージェントだと飲食業界に就職しやすいってホント!?

まとめ

以上、飲食店で正社員として採用される人の特徴をまとめました。
飲食業経験がある人はもちろん重宝されますが、異業種からチャレンジする人も多い業種です。
飲食店経験がない方は体力や気配り、礼儀作法といった部分でうまくアピールしていきましょう。
もし自力での転職が難しいと感じたら、フーズラボエージェントのような飲食業界に特化した転職エージェントを活用するのも一つの手段です。

Sponsored Links

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る