みんなの評判は!?おすすめの歯科衛生士向け転職・求人サイト徹底比較

ここでは歯科衛生士にお勧めしたい転職サイトを3つ紹介していきます。
医療系の転職サイトの方が歯科衛生士の求人も多いので、より選択肢が広がります。
ピックアップした3サイトはどんな特徴があるのか、詳しく解説していきます!

歯科衛生士向け転職サイト 比較表

転職サイト名 求人数(非公開求人数) 特徴
ジョブメドレー 約10,000
  • 全国はもちろん、地方の求人も充実している
  • サイトに細かな仕事内容や環境が記載されている
  • 様々な求人検索方法があるため、使いやすく、好条件の求人の見つけやすい
  • 祝い金がもらえる
ファーストナビ歯科衛生士 約5,000
  • 非公開求人が充実している
  • 未経験の人にも合った歯科を紹介してくれる
  • 医療系に強みがあり、コネクションも充実している
ディースタイル 約300件
  • 様々な歯科医療サービスに関わる求人を紹介している
  • 各歯科クリニックの最新トピックを載せている
  • 歯科情報、歯科衛生士記事が充実している
デンティ 非公開
  • 会員登録しなくても求人情報閲覧して、応募できる
  • サイトに細かな仕事内容や環境が記載されている
  • 歯科に詳しいエージェントも存在している

※2019.1.5 現在

各転職サイトの特徴

silver

ジョブメドレー

ジョブメドレーは医療系、リハビリ系、歯科系、介護系の職種が掲載されている求人サイトです。
歯科衛生士の求人掲載数は10,000を超え、看護師、介護士、保育士に次いで多い掲載数になっています。
全国各地の求人が載っていて、地方の求人も充実。日々新しい求人が届いています。

ジョブメドレーの場合は、細かな仕事内容や環境が記載されているのが特徴。
環境や自分の役割分担が明白になっている書き込みが多く、研修時の仕事内容や患者さんや歯科医との連携について詳しく記載されています。
様々な求人検索方法があるため、使いやすさや好条件の求人の見つけやすさで人気を集めています。

ジョブメドレーから応募すると、直接その応募が求人企業に届きます。
転職エージェントのように、第3者を経由してやりとりするわけではないので、自分の意向次第ではすぐに内定をもらえる可能性もあります。
それだったら企業の応募フォームから直接応募した方が良いという人もいるかもしれませんが、ジョブメドレーを経由することで、祝い金が贈呈されます。
サポーターの方からの電話はありませんので、自分の好きなペースで求人を探したい方にオススメです。

ジョブメドレーについて詳しくはこちら

gold

ファーストナビ歯科衛生士

ファーストナビ歯科衛生士は歯科衛生士のみの求人を取り扱ったサイトです。求人件数は4500件前後。
ただし非公開求人も含めるとさらに多くの求人があり、歯科衛生士の求人数はトップクラスです。

ファーストナビ歯科衛生士は、転職エージェントを経由するタイプの転職サービスです。
給料に関する条件を伝えるのもエージェントですし、その他待遇面や面接日時、入社日の設定もすべてエージェント経由で行われます。
実際にエージェントが歯科で採用条件を直接聞いているため、カウンセリング段階で求職者が採用条件に満たしているかどうかの判断をしてくれます。

ファーストナビ歯科衛生士を運営しているのは株式会社ファーストコネクトは歯科衛生士の他に、歯科医師、看護師、介護士に特化した人材紹介サービスを行っています。
そのため他の転職サイトよりも医療系に強みがあり、コネクションも充実しています。
長年にわたり扱っている病院やクリニックもあるため、ファーストナビ系列のサイトを経由した方がクリニック側に安心感を与え、内定がもらえやすい可能性があります。

ファーストナビ歯科衛生士について詳しくはこちら

gold

ディースタイル

ディースタイルは歯科系に特化した求人サイトです。
歯科衛生士や歯科助手を中心に、歯科医師・歯科技工士・事務長などの求人を、全国規模で扱っています。
会員登録(無料)をすると、様々なサービスを受けることができます。まず、登録フォームに必要事項を記入します。その後、専任のアドバイザーから連絡がありますので、あなたの希望の条件や仕事経験などを伝えます。
それを元に、数多くの求人の中から、あなたのご希望に沿った求人をご案内します。
ディースタイルで応募手続きを完了したら、その後は面接・内定・入社の流れになります。応募書類作成や面接についてのアドバイスを受けることもできるので、スムーズに入社までたどりつくことができます。

ディースタイルについて詳しくはこちら

デンティ

denty01

デンティ歯科医師、歯科衛生士、歯科助手の3職種のみを取り扱った歯科専門サイトです。
会員登録しなくても求人情報閲覧して、応募できる点が最大のメリットです。
会員登録した場合は、歯科医院から直接スカウトメールが届く可能性があります。

デンティで取り扱っている求人は様々な診療科目があります。
自分が経験した診療科目の中から選択したいという時に便利です。
そして、診療科目以外にこだわりポイントを多く設けているのも特徴的。

転職に際してわからないことや相談したいことがあったら、専任のエージェントに相談することができます。
条件面の交渉や面接日時の調整だけでなく、面接前の訪問も同行してくれるなど多岐にわたってサポートしてくれます。
また、面接前の見学がOKとなっていないところでも閑散期などを狙って見学することも可能なため、そういったことを相談してもよいでしょう。

デンティについて詳しくはこちら

まとめ

以上、歯科衛生士の転職に役立つ3サイトを紹介しました。
一般的な転職サイトよりも専属のエージェントがいたり、歯科医院との密接な関係がある点がメリットです。

転職する時に専門的なアドバイスをくれるエージェントがいた方が、より自分の希望にあった歯科を選択できるはずです。
いずれも登録無料で気軽に利用できるものなので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

歯科衛生士向け転職・求人サイト人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】ジョブメドレー

      歯科衛生士の求人掲載数は6,000を超え、看護師、介護士、保育士に次いで多い掲載数になっています。 細かな仕事内容や環境が記載されているのが特徴。 基本的には求職者と企業で直接連絡する形です。転職エージェントのように、第3者を経由してやりとりするわけではないので、自分の意向次第ではすぐに内定をもらえる可能性もあります。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】ファーストナビ歯科衛生士

        求人件数は4500件前後。ただし非公開求人も含めるとさらに多くの求人があり、歯科衛生士の求人数はトップクラスです。転職エージェントを経由するタイプの転職サービスで、給料に関する条件を伝えるのもエージェントですし、その他待遇面や面接日時、入社日の設定もすべてエージェント経由で行われます。他の転職サイトよりも医療系に強みがあり、コネクションも充実しています。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】ディースタイル

          ディースタイルは歯科系に特化した求人サイトです。 歯科衛生士や歯科助手を中心に、歯科医師・歯科技工士・事務長などの求人を、全国規模で扱っています。 会員登録(無料)をすると、様々なサービスを受けることができます。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る