クリエイティブ系に強い転職エージェントを見極める方法

クリエイティブ系に強い転職サイトをみつけるなら「過去に紹介した実績が多数ある」、「クリエイティブ系出身のコンサルタントが数多く在籍している」といった転職エージェントなどを選ぶと良いでしょう。
またデザイン業界だけでなく、広告関連企業と繋がりのある転職エージェントを選んだほうがクリエイティブな仕事が見つけやすくなります。

求人数を重視する

転職エージェントの中で、まずはクリエイティブ関連の求人をどれだけ抱えているかを注視して調べていきます。Webデザイナー、Weディレクター、企画営業、イラストレーター、ディレクター、ゲーム作成者など。

またWeb業界だけでなくインテリア関連、ファッション関連、広告事業関連などもクリエイティブ系の仕事が豊富です。
自分が希望するジャンルの求人数がどれぐらいあるか、各転職エージェントを調べていきます。

クリエイティブ系出身のコンサルタントが在籍しているかどうか

各転職エージェントではどのような実績を積んでいるコンサルタントが在籍しているのかプロフィールを見て、確認していきます。
営業職出身者が多いのか、製造職出身者が多いのかなど調べていきます。

これは結構重要で、自分と同じ知識がないと細かい部分の希望がうまく伝わりません。

例えばWebデザイナーといっても希望は様々。
デザインに重きを置いたサイト作りを行っている企業なのか、ポータルサイトを中心にコンテンツの充実を図ることがメインの企業なのか、遊び心は特に必要としないコーポレートサイトの作成に重きを置く企業なのかによっても応募者の希望条件が異なります。

そういったことを全て同等に考えてしまうコンサルタントがいると、話しが円滑に進みません。同業者出身のコンサルタントがいるかどうかも大切です。

どの分野に力を入れている転職エージェントなのか調べる

転職エージェントの中でもすべての分野に力を注いでいる転職エージェント、営業系に力を入れている転職エージェント、クリエイティブ系に力を入れている転職エージェントなどそれぞれ個性があります。

総合的に強いのはDODAパソナキャリア、クリエイティブ系に強いのはワークポートマイナビエージェント×ITなどがあります。

大まかな目安としてわかりやすいのは、ITやクリエイティブ系というくくりだけで求人を紹介しているのか、それともITやクリエイティブ系の中でさらに詳細にエンジニアやプログラマー、インフラ系などと分けて紹介しているかどうかもポイント。

検索条件が細かくなればなるほどそれだけ求人数が多いという表れにもなるからです。
ITやクリエイティブ系に特化したエージェントについては、下記ページにて詳しく解説してますので、参考にどうぞ。

地域ごとの求人はあるかどうか

クリエイティブ系求人の強さを確かめる、もう一つの手段が都道府県別の求人を掲載しているかどうかです。
求人数が少ない所ほど東京や大阪などの主要都市のみの求人しか出ていません。

もともとIT系などクリエイティブ系は都心のほうが企業が多いのは事実ですが、少数精鋭で運営しているクリエイティブ系の制作会社も数多く存在します。
そういった企業もしっかり網羅している転職エージェントが良いでしょう。

クリエイティブ系企業とのパイプがあるかどうか

これまで転職エージェントを経由して、どのような企業に転職した方が多いのかチェックすると良いでしょう。クリエイティブ系の企業と昔から付き合いがあれば転職で有利に働くケースがあります。

例えばA社の転職エージェントから就職活動をしている人、B社の転職エージェントから就職活動している人がいたとします。
どちらの人もC社に転職したいと思い、面接を同じタイミングに受けたとします。

そのとき、A社から過去に採用した実績があり、その人材が現在も戦力として働いているとなれば、再びA社から応募してきている人を採用しようという考えがC社に生まれていることがあります。

そういった積み重ねで、「中途採用はA社の転職エージェントからにしよう!」と考え、パイプが出来あがっているケースがあります。

このように過去の実績としてどれだけクリエイティブ関連企業に人材を送り込んでいるかも大切になってきます。実績が大事と言うのはそういった側面もあるわけです。

以上、クリエイティブ系に強い転職エージェントの見極め方法についてご紹介しました。
登録段階でわかるもの、登録した後にコンサルタントと話をしてからわかるものなどがあります。まずはクリエイティブ系の求人数が豊富なところから登録していく方法で間違いないでしょう。
その中から自分に合ったサイトを絞り込んでいき活用していくと良いでしょう。
下記ページにて、クリエイティブ系に強い転職エージェントについて詳しく解説してますので、参考にどうぞ。

Sponsored Links

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る