ヘッドハンティングがきっかけで転職する人の特徴とは!?

そんなに数は多くありませんがヘッドハンティングがきっかけで転職する方もいます。
ヘッドハンティングは個人の能力やスキルを評価され、引き抜かれることです。
ヘッドハンティングされる人の特徴に迫ってみましょう。

ヘッドハンティングされやすい職種とは?

ヘッドハンティングされるということは自社以外の社員の目にも触れる機会が多い仕事と言えます。例えば営業職やコンサルタントなどが挙げられます。

他の会社や組織から実力を評価されて幹部の目に留まり、ヘッドハンティングに至るというケースがほとんどですね。

営業成績を格段に飛躍させ、今までにないPR活動やマーケティングに成功する営業マンになれば他の企業からも注目されます。また経営が傾いていた会社のコンサルタントを任され、経営を立て直したという実績が多くなればコンサルティング業界からも注目されます。

他には医師もヘッドハンティングが多い職種の一つです。
医師の場合、大学や大学院とのつながりもあり、人脈がすでに形成されていることがよくあります。コネクションのあるルートを生かし、声をかけて引き抜くケースも医療業界ではよくあることです。

ヘッドハンティングされている人の特徴とは?

ヘッドハンティングされている人の傾向をいくつかまとめてみましょう。そこには異業種であっても共通する事項がありました。

ヘッドハンティングされている人の傾向

  • その市場で活躍して業界内で注目される
  • 数字に表れる業績を残してヘッドハンターに認知される
  • 口コミを通じてハンターの耳に入る
  • 他社の社員との顔が広い
  • 英会話能力に優れ、分野を問わず働ける素養がある

上記のようなことがヘッドハンティングされている人には目立っています。

逆にいうと職人気質のように地味ながらも実力があるという人はなかなかヘッドハンティングされにくいのが現状です。

「営業面で○○さんがマーケティングに関わっていると明らかに業績が伸びる!」、ということになればたちまち注目され、他社のハンターから「ウチの会社ではさらに良い待遇(年収賞与)を用意するから働いてくれないか!」といった形でヘッドハンティングしてくるケースがあります。

地味な仕事でもヘッドハンティングされることがある?

ヘッドハンティングされる人は上場企業に勤めていて、世界を股にかけるグローバルな活躍をしている営業マンのみがヘッドハンティングされるイメージがあるかもしれません。
しかし近年では転職エージェントを通じてヘッドハンティングされるケースもあります。

特に転職業界で人気がある職種はエンジニアやサービス業の経験者
どちらも人材が枯渇気味の業界で優れた実務経験を持っていると転職エージェントを通じてオファーがかかるケースがあります。

特にこちらからアクションを起こさなくてもプロフィールやポートフォリオを見ただけで「ぜひ会いたい」と言ってくる企業もあります。

在職中に転職サイトに登録しておくだけど突然電話やメールが届き、転職の話に発展するケースもあります。

例えば、半導体業界のエンジニア、サーバー関連のエンジニアなど専門的な技術と知識を要する業界では能力の優れた人材をヘッドハンティングによって受け入れたいと考えている企業も数多くあります。

まとめ

以上ヘッドハンティングされる人の特徴についてご紹介しました。
エンジニアなど特定の業種の場合、別に大手企業に属していなくてもヘッドハンティングされる可能性があります。従業員がそれほど多くない企業だとヘッドハンティングは無いというのは誤解です。
自身の経験をもっと他の企業の人にも知ってもらいたいという場合は転職エージェント等を通じて他の人の目に触れる機会を設けると良いでしょう。
おすすめのヘッドハンティング型の転職エージェントについて詳しくは下記をどうぞ。

Sponsored Links

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る