仕事を選ばないのは甘えである

こんにちは、社内ニートと他では名乗っている私ですが、現在バリバリ長期休暇中の私です。
おゆみパイです。

このたびはこちらの「みんなの転職」にて寄稿のご依頼をいただきまして………。
いやあ、感謝感謝であります。

さて、今回私が主張したいことはと言いますと…

仕事は選べ。

です。

「むしろ、仕事を選ばないのは甘えだ!!!」

………というのは過去、就活中のおっさんに熱く語られた台詞です。
何がどう甘えなのか、今となってはよくわからないので、その言葉の意味を知るためにも、まあまずはちょっと私の方から語らせてくださいな。

「みんなの転職」という名前のサイトに、正社員として働いていなければ働いたことすら無い私が何故寄稿を!!?
自分自身まったくもって意味不明です。

そんな私は現在ピチピチの21歳。漫画やこうした書き物、それから現在お休みさせていただいているアルバイトで生計を立てています。
フリーターなのか、フリーランスなのか、非常に曖昧ですが、ここはどうかフリーランスを名乗らせてください。

今や憧れる人も多くなった ”フリーランス” という働き方。
だいたいの人はきっとこういうイメージがあると思います。

■ 楽そう
■ 自由そう

実際楽です。自由です。
けれどもね、そう思えるのは過去があっての今なのですよ。
私の職歴、社会経験たち、見たいですか?知りたいですか?

……こちらです↓

oyumi

  • 19歳の春に上京し、友人への借金を返すために風俗をしょっぱなからしました。(理性が働いてなかったのです)
  • お金も無いので、水商売に手を出すも、ノリについてこれず耐えきれなくなった私はバックレました。(無賃金ありがとうございました!)
  • やっとこさ契約社員として雇ってくれたと思ったら、職種はラブホのフロント!
     夜勤で16時間勤務の休憩時間90分!
     月4公休!
     体調不良ごときでは99%休めません!
     精神に異常をきたさない限り、休めません!(精神に異常をきたし、そのまま休職→退職コースを歩みました。)
  • お金も無く、親も頼れない、精神もおかしい、またもや風俗に手を染める私。(1ヶ月で辞めた模様)

以上、社会経験もとい、おゆみパイの裏社会経験でした。

そして2014年の夏、突然ぐるなび「みんなのごはん」で連載を始めることになり、
そのまま波にのるように今のホワイト企業でハンディキャップ枠でですが、アルバイトとして雇っていただくことになりました。
やっとこさ安定した生活と精神を取り戻し、新しい連載を持てるようになったり、こんなふうに寄稿のご依頼もいただけるようになりました。
フリーランスだと、堂々人に言えるくらいにはなれたのではないのでしょうか?

いやあ、色々ありましたね……自分で振り返ってなんですが、本当に色々ありましたね…。

好きな時間に、好きな場所で、酒を飲みながら漫画を描く。絵を描く。文章を打つ。
そして原稿料という形で、報酬をいただく。
そのお金で家賃を払い、ご飯を食い、友人と飲む。

色んな道を通って最終的に落ち着いたのが、今のこの私のスタイルです。
仕事を選ばずに、無理をして、身体を壊し精神を壊すなんて悲しくないですか!?
私はこれからもずっとこのスタイルを選び続けるつもりですよ。ええ。

「仕事を選ぶ」っていうのは、ただ好き勝手にやりたいやりたくないで決めるという意味ではありません。
働く上でもっとも大事なのは、自分自身です。
自分の身体と精神です。これがなければ働くことはできません。

たくさん学び、たくさん経験した上で、いろんなものからどれが自分に一番適しているか?
その中から選ぶのです。

だからって、自らつらい思いをするような職種に手を出すことはありませんよ。
私の場合は非常にレアなケースです。
しかしこのご時世、ブラック企業で同じく身体と精神を壊してしまう人が増えているじゃありませんか。
しかしですね………
「選ばずに働いてやったのに、この有り様じゃないか!!」
なんて吠えるのは甘えなのです!
人のせいにしているだけなのですよ。

だって私が精神壊したのを、雇った風俗店やラブホのせいにしたら、
「そんなところで働いたお前がいかんでしょ」
と皆さん思うでしょう?
そういう厳しい台詞をぶつけられないためにも、自分のためにも、仕事は選ぶべきなのです。

それでは最後に。

働くっていうのは、今も昔も生きる手段です。
つまり、「仕事を選ぶ」っていうのは、「生き方を選ぶ」ということなのです。

さて、こんな感じで締めましたがいかがでしたでしょうか?
21のガキが偉そうに口を叩いてしまい大変申し訳ありません…………。
せめて、これから仕事を探そうとしている人たちの役に、少しでも立てたらと思います。

私からは以上です。

著者プロフィール

oyumi100

おゆみパイ

社内ニートのしがないweb漫画家。たまに文章も書きます。
しめ鯖と女体が好きです。
ブログ:http://vaginally.hateblo.jp/
Twitter:https://twitter.com/iskmng

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る