介護士の転職にブランクは不利?再就職のポイントを解説します!

「昔、介護職として働いていたけど違う業種に転職をした」「家庭の事情で介護の仕事を辞めてブランクがある」などのように、介護の仕事を辞める人は少なくありません。そして何らかの理由で、もう一度介護の仕事に復帰しようと思っている人もいるのではないでしょうか。

介護の転職や再就職で気になるのが、ブランクが不利になるのではないかということです。ブランクがあっても転職や再就職は可能ですが、事前に準備をしておきたいことがあります。
今回はブランクがある介護職が転職・再就職する前に行うべきことと、面接の効果的な受け方について解説します。

介護の転職・再就職はブランクがあっても可能

介護の転職・再就職は、ブランクがあっても可能です。高齢化社会に伴い、介護を必要とする要介護者の数はどんどん増えています。一方で介護業界は常に人手不足に悩まされており、スタッフが集まらないことから倒産に至る施設もあるほどです。

無資格や未経験者でも重宝される介護業界なため、たとえブランクがあったとしても、介護職の経験がある人は歓迎されますよ。比較的簡単に転職・再就職をすることができるでしょう。

ブランクがある介護職が転職・再就職する前に行うべきこと

ブランクがあっても介護の転職・再就職は、比較的簡単にできると述べました。しかし介護の仕事から長く離れていると、介護職としての感覚を忘れていたり、介護や福祉の制度が変わっていたりもします。
転職や再就職をする前に行っておくべきことをチェックしていきましょう。

介護や福祉に関する情勢をチェックする

1つ目は介護や福祉に関する情勢をチェックすることです。介護に関する制度は変化が目まぐるしく、現場を離れていた間に大きく変わっていることもあるでしょう。
たとえ現場で直接介護の仕事に従事するとしても、介護や福祉に関する制度を知っておくことは大切です。

介護技術に関する知識を復習する

2つ目に行うべきことが、介護技術に関する知識を復習することです。復職後にスムーズに介護業務をするために、忘れていた介護技術の知識を再確認しましょう。

過去に使用した介護に関する教材や書籍を見直してみてください。
ブランクがあっても過去に学んだことは、再確認することで記憶が蘇ってきます。

体力をつける

体力を付けることも大切ですね。介護の仕事は体力勝負です。質の高い介護を提供するためだけでなく、あなた自身が元気に働き続けられるように体力を付けましょう。

介護の仕事を離れてから明らかに体力が落ちたと感じている人は、まずはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。無理のない範囲からスタートしてみて、少しずつ距離や時間を伸ばしていくと良いですね。

希望する勤務条件を整理する

最後が、希望する勤務条件を整理しておくことです。一口に介護の仕事といっても、勤務する施設や事業所の種類によって勤務条件は異なります。特に入所施設では給与が高めに設定されている分、夜勤を含む変則勤務になるので注意しましょう。

どのくらいの給与を必要とするのか、変則勤務は可能なのか、土日休みがよいのかなど、希望する勤務条件を整理しておくことが大切です。

介護の転職・再就職における面接の受け方

ブランクがある場合の介護の転職・再就職における、効果的な面接の受け方について見ていきましょう。

ウソは付かない

まずは答える内容にウソを付かないことが大切です。特に介護の仕事をなぜ退職したのかは、間違いなく聞かれます。職場の人間関係や待遇の悪さ、仕事のミスなど人によっては言いにくいものがあるかもしれません。

しかし例え小さくてもウソを付くのは禁物です。介護業界は非常に狭いため、いつどこから前職の情報が入るかは分からないのです。小さなウソが後々知られ、大変な状況にならないようにしましょう。

面接官が納得できるような理由を伝える

ウソを付かないと言っても、マイナスな退職理由をダイレクトに伝える必要はありません。面接官が納得できるような理由を付けて、伝えれば良いのです。

例えば給与に不満があって退職した場合、「給与に不満があって退職しました。将来的に大きな昇給も期待できず、私自身のモチベーションや介護職としての成長を感じられませんでした。

介護職としての成果や成長を適切に評価して、給与につながるような施設で働きたいと思っています」などと答えると良いでしょう。介護職としての成長や成果と関連付けているので、面接官に好印象を持たれます。

ブランク中に学んだ仕事に生かせることを伝える

ブランク中に学んだ内容を介護の仕事に生かせることを伝えましょう。接客業であれば接客スキル、営業であればバイタリティ、家族の介護であれば目の前の利用者だけでなく家族関係を想定したトータルな関わりなどです。

まとめ

介護業界全体が人手不足なことから、ブランクがあっても介護の転職や再就職は比較的簡単にできます。介護の仕事に戻るのであれば、転職・再就職前に準備をしておきましょう。

介護や福祉の制度を理解したり、介護技術に関する知識を復習したりすることで、スムーズに介護の仕事に戻ることができますよ。
今回紹介した情報を参考にして、魅力ある介護の仕事に復帰してくださいね。

Sponsored Links

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る