マスコミ業界に転職!必要な資格・知識とは?仕事内容も紹介

ここではマスコミ業界への転職を考えている方に、参考になる情報を紹介します。
マスコミ業界へ転職する際、「必要な資格はあるのか」、「どんな知識が求められるのか」、「仕事内容は」、など気になる部分がたくさんありますね。

そこで、マスコミ業界情報をまとめて解説していきましょう!

マスコミ業界はどんな職場がある?

最初に思いつくのはテレビや雑誌、新聞、ラジオなどの仕事ではないでしょうか。
近年はそれにプラスして、ネット配信なども増えていますね。

もちろんその業界の中で、どんな仕事をやるかによって求められることも変わります。
例えば、記者や編集者なら常にアンテナを張って世の中に求められているニーズのある情報を集めてくる必要があります。
そのためには取材を通した行動力が必要。

また、文章力も必要です。
文章力を発揮するには語彙力、表現力なども求められます。

記者になるために特に必要な資格はありませんが、漢字検定や著作権検定、ウェブライティング技能検定などの資格があるに越したことはないでしょう。

またマスコミの仕事といえば、ディレクターも有名。
番組制作に関わる仕事で、キャスティングやロケ地の下見、交渉、編集作業など多岐にわたります。

コミニケーション能力に優れていて、尚且つ編集ソフトなども使用できると更に良いですね。

大手の民放番組などは一流大学を出ている人も多く、敷居の高い職業です。

マスコミ業界への転職は可能なのか?

例えば、全く違う業界で働いていた人が日本テレビのディレクターに転職したいと言ってもかなり厳しいでしょう。
やはり大手企業にはそれだけ志願者も多いですからね。

そこでマスコミ業界へチャレンジしたい人におすすめなのが地方テレビ、有料チャンネル、地域雑誌での仕事です。

たとえば、地方テレビや有料チャンネルの番組制作は下請け会社が編集作業、撮影などを行うケースもよくあります。
会社名は知らなくても、「実はあの番組の制作に携わっていた」なんてこともよくあります。

やっていることは大手とそこまで変わりありませんので、マスコミ業界の一端を担えるという意味では、かなりやりがいを感じます。

求人を探すときは番組撮影、番組編集、雑誌編集、取材同行スタッフがなどと探すとマスコミ関係の仕事がヒットします。

必ずしも収入が良いとは言えませんが、経験を積むという意味ではこういった下請け会社から始めてみるのも良いですね。
そこで経験を踏めば、将来的に有名な企業への転職も検討できるはずです。

[参考]広告マスメディア業界向け転職・求人サイト徹底比較

マスコミ業界の仕事内容とは?

ここではディレクターを例にして、どんな仕事か紹介していきましょう。
番組作りに関わる場合、下記のような業務が発生します。

  • 番組企画
  • 台本作り
  • キャスティング
  • 必要なスタッフの確保(照明、音響、メイク、小道具、カメラマンなど)
  • スケジュール調整
  • ロケ地の交渉
  • 出演者との打ち合わせ
  • 進行管理
  • VTR編集

このように番組を立ち上げる際、主導して行うのがディレクターの業務です。
番組によっては脚本家、演出家などと業務が細部に分かれているケースもあります。

最初はいきなりディレクターに就けるのではなく、アシスタントディレクター(AD)から始めるのが一般的です。

下っ端的な役割ですが、そこでディレクターのノウハウを学び、いずれディレクターになるというのが一般的な流れです。
忙しいディレクターですと、休日はあってないようなものですし、勤務時間なんてものはほぼ存在しません。

番組やディレクターという仕事に対する相当な熱意がない限り、長く続かない仕事ともいわれています。

ただ、下請け会社であればそこまで繁忙期が続くことはないでしょう。
一定の休みもありますし、必要以上の業務も発生しないです。

Sponsored Links

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る