30歳目前の転職活動。甘くはないけど必要以上に落ち込む必要はない。

他の会社で働いたらどうなるのだろう。
新しいことにチャレンジしてみたい。
そんな漠然とした疑問や希望を抱き、僕は転職活動を行いました。
結果無事に転職先が決まり、その転職先ではこれまでにできなかった経験をすることができ、自分にひとつ自信が持てるようになりました。

世間的には転職のボーダーラインは30歳だと言われることが多いです。
僕が転職をしたのは28歳。
転職活動は想像していたよりも厳しいものでした。
書類選考もろくに通らず、こぎつけた面接で落とされる。
そんな中で僕が感じたことは、選考に落ちた際に必要以上に落ち込む必要はないということでした。

30歳を目前に転職を考え行動し、落とされ、これまでに築き上げた自信をへし折られかけている人へ向けて、僕の経験を元にした転職活動に置ける心のコツをお伝えできればいいなと思います。

僕が転職した時の状況

簡単にではありますが僕が転職活動を行った時の状況は下記の様になります。

  • 28歳
  • 最終学歴は高卒。進学はせずに高校卒業後にすぐに就職した。
  • ふたつの会社での勤務を経験。内2社目は7年間勤めた。
  • 2社ともにアパレル企業。1社目は販売員。2社目はECサイトの運営。
  • 在職中に転職活動を行った。
  • 在籍していた会社はシフト制で、基本的に平日休みの割合が多かった。
  • 転職希望先の業種はIT・WEB業界
  • 転職先は従業員30人以下の規模を希望

上記の様な状態で僕は転職活動を行いました。
それまで経験のある業界ではなく、未経験の業界への転職を試みたのです。
この選択が28歳という僕に厳しい現実を突きつけてくることを、転職活動へのスイッチを入れたばかりの僕はまだ知る由もありませんでした。。。

根拠のない、なんとかなるさ精神で始めた転職活動。

僕はどちらかと言えば楽観的な性格で、転職活動を行う際もその性格が功を奏し晴れて最悪のスタートを切ることに成功しました。

まず初めに書類選考で全滅した

転職をしようと決意した僕は、職務経歴書を作成し転職サイトから見繕った企業10社程に意気揚々と応募しました。
そして一週間後、愕然としました。
見事に全社から落選のお知らせが届いたのです。
「これが噂に聞いていた現象か…」
僕は高校卒業後、進学はせずにすぐに就職しました。大学を出ていない僕はまともに就職活動を行ったことがなく、学生からよく聞く100社近く面接に行ったエピソードなんて都市伝説程度に思っていました。
まさかその都市伝説が自分の身に降り注ぐなんて思いもよりませんでしたが、この現実が気を引き締めるきっかけになってくれました。

書類選考のコツを掴み面接まで行く確率が大幅にアップした。

気を引き締めた僕はあるふたつのことを行いました。
そのふたつのこととは、

  1. 職務経歴書の見直し・修正
  2. 新着求人に応募する

です。

僕が初めに作成した職務経歴書はお手本も何も見ずに、完全に自己流で作成していました。
しかし職務経歴書の書き方などは少し調べればいくらでも出てきます。
その手間を惜しんだ結果伝わりづらい出来となってしまった職務経歴書を見直し修正しました。

そして僕が特に重点的に取り組んだことが、新着求人に応募することです。
企業側からの視点を想像し、応募しているということは人手が足りていない→早く人手が欲しいはず→早い者勝ちのはずだ!!と仮定し、新着求人へ重点的に応募するようにしました。

職務経歴書を見直し、新着求人に応募するようになった結果、なんと書類選考の通過率が80%以上になりました。
正直なところ、面接をこなすことが大変でした。(贅沢)
もし書類選考になかなか通らないという方がいたら、まずは職務経歴書を見直し、次に新着求人へ優先的に応募してみてください。
僕の場合はそのふたつで書類選考の通過率が上がったのでおすすめです。

いざ面接へ

書類選考を突破できるようになった僕はせっせと面接に臨みました。
結果としては書類選考に通った企業の内3社から内定を頂くことができました。
この結果をどう思うかは人それぞれかもしれませんが、僕自身は上々の結果だと感じています。

初めての面接は緊張しました。
自分なりに準備をして臨みましたが、自分が思っている以上に答えることができず撃沈し、少しだけ落ち込みました。

しかし何度も面接をこなすに連れ緊張はしなくなり、むしろ面接官と話すことが楽しみになる程でした。(失礼な心構えだったらすいません)

僕が面接に臨む上で気をつけたことは、とにかく正直に話すという点です。
経験を少しだけ盛って話すことや、必要以上ににこにこすることはせずに、自然体で臨むことを意識しました。
自然体で臨めたという手応えを感じた企業ほど最終面接まで辿りつくことができ、内定を頂くことができたと感じました。

面接なので多少の脚色や演出は必要かとは思いますが、入社することがゴールではないので変に着飾って入社後にイメージと違ったと思われるのは企業側からも入社する側からも良くないと考えたので、あくまで自然体を心掛けました。

実際入社した会社では取り繕うことなく仕事に臨み、良い関係性が築けていると感じています。
こうして僕は転職活動を無事に終了することができました。

転職活動を終えて感じた、今転職活動中の方に伝えたいこと

転職活動を通じて一番伝えたいことがあります。
それは、落ちたとしても落ち込む必要は全くないということです。

これは僕の主観なのですが、最終的に内定か否かの判断材料はその企業の雰囲気に合うかどうかという要素が大きいと思います。

人と人との相性があるように、人と企業との相性もあります。

もちろん職務経歴書の見直しや面接に臨むまでの準備は必要ですが、しっかり準備した上で落ちた場合はきっとその企業との相性がよくなかったというだけなのです。

転職活動で書類選考や面接に落ち続けると、ふとした瞬間に自信を失い自分を否定したくなる時があるかもしれません。

しかしそんな気持ちになる必要は全くありません。
繰り返しになりますが準備した上で落ちた場合は、それはあなた自身を否定されたのではなく、単純にその企業との相性が合わなかっただけなのです。
自分と合う、自分を必要としてくれる企業を探せばいいだけです。

そう考えると僕は気が楽になり、肩の力が抜け、その結果内定をもらうことができました。
それまでできなかった経験ができて、社会人として成長を感じることができています。

30歳目前の転職活動は実際心が焦ります。
行動が結果に思うように結びつかない時だってあります。
しかし決して自分を否定せず、肩の力を抜いて行動を続けていればいつか結果は付いてきます。

転職はあくまでゴールではなく、新たなスタートだと思います。
適度にリラックス状態の方が良いスタートダッシュが切れます。
これを読んでくれた方が良い気持ちでスタートラインに立てますように陰ながら応援させて頂きます。

著者プロフィール

Goukison

転職中のアラサーの方々へ、ひとつの体験談として励みになれば幸いです。

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る