トリマーへの就職・転職に資格は必須?おすすめの転職サイトも紹介!

ここではトリマーの就職、転職方法を紹介します。
トリマー経験がない方、異業種からの転職を考えている方もぜひ参考にしてみてください。
そして魅力的な求人検索も紹介します。

トリマーは資格がないと就職できない?

トリマーの資格はたくさんあります。
有名なところでは全国動物専門学校協会が実施しているAAV認定トリマー、全日本動物専門教育協会が実施しているSAE公認トリマー、日本ペット技能検定協会が実施しているJPLA公認トリマーなどがあります。
ペットの知識や生態、トリミング等に関する知識を習得することで得られる資格です。

ただ、いずれも民間資格で国家資格はありません。
そのため、資格は必須というわけではありません。
実際、資格を持たずにペットショップや動物病院で働いているトリマーの方もいます。

必要か必要でないかを問われたら、無いよりはあると良いといったところでしょう。

例えば、人気ペットショップにトリマーを希望する人が多数応募してきたとします。
その中で「自分はペットが好きだけど、特に資格や経験はない」、一方他の応募者は「資格を有していて、ペットに関する知識を習得している」となったらお店側はそちらの方を選ぶはずです。

つまり他人と比較の問題で、何の資格もないとアピールできる要素が減るということです。

ただ運良くトリマーの求人を見つけて、たいして応募する人がいなかったら、資格がなくても採用される可能性もあります。
もし、資格も何もなくて心配だなという人は短期プログラムで取得できる資格を検討してみましょう。

通信講座で半年ほど学習して資格取得を目指せるものがあります。
これなら仕事しながらでも資格が取得できますし、転職もスムーズになります。

トリマーの仕事内容とは?

トリマーはわかりやすい例えで言うと、犬の美容師さんのようなものです。
獣医さんは医師。
トリマーの仕事は下記のようなことです。

  • カット
  • スタイリング
  • シャンプー
  • 爪切り
  • 耳のお掃除
  • 歯磨き
  • 肛門線のケア
  • 口臭チェック
  • スケジュール管理
  • 接客(犬の状態のヒアリング)
  • 器具などの清掃、消毒
  • スタッフ内でのミーティング

上記が毎日の業務として発生します。
宿泊施設が用意されているペットホテルの場合は、それにプラスして餌やりや施設内の散歩を行うこともあります。

犬によって毛質の状態も異なりますし、適切なトリミングが必要になります。
また性格も異なるので、いかに落ち着かせられるかといったテクニックも必要になってきます。

そして大切な命を預かっていることも忘れないでおきたいところ。
例えば爪切りを失敗してしまうと、血管を傷つけてしまい出血してしまうことも。
負傷してしまえば、ワンちゃんを傷つけ、飼い主さんにも精神的負担を与えてしまうので注意が必要です。

トリマーの給料は?

地域や会社にもよりますが、平均年収はそれほど高くはありません。
年収200万円から280万円程度です。

月収換算で15万円から20万円ほど。
トリマーは正社員以外にアルバイトを採用していることもあり、あまり高給は見込めない仕事となっています。

ただしペットショップや動物病院のリーダー格に上がれば、年収も更にアップ。
役職手当がついたり、昇給があるのは他の仕事と変わりません。

会社員とは違い、営業時間内での作業となるため、大幅な残業が発生することもありません。(営業時間に終わらず、多少伸びて残業になることはありますが)

せいぜい1日1時間程度の残業。
月20時間程度です。

尚、アルバイトの場合は時給800円から1200円程度が多くなっています。

トリマーの働き場所は?

トリマーは下記のような施設での求人があります。

  • ペットショップ
  • 動物病院
  • ペットホテル
  • ペットサロン
  • ペットトレーニングセンター

最近のペットショップはペットの販売だけでなく、トリミングを行っているところがほとんどです。
ガラス張りになっていて、どんなトリミングをしているのか公開しているところも多いですね。

お店の雰囲気を確かめてから応募するのも良いでしょう。
動物病院の場合は中の様子まで確認できないのでホームページや口コミなどで探ってみるのも一つの手段です。

将来的に独立したいと考えているなら、小規模営業のペットショップの方がトリマー以外の仕事(仕入れ、販売、経理など)たくさんの仕事が経験できるので、将来に役立つ可能性があります。

ただ、まだ未経験の場合は多くの仕事を任されるような場所でなく、チェーン展開している大規模なペットショップに就職するのが無難です。
トリマーの仕事が一人前にできるようになってから、改めて色々なる職場を検討することをお勧めします。

トリマーが面接でよく聞かれる質問とは?

あまりかしこまったものではなく、非常にラフな面接を実施しているところが多いようです。
そして面接で聞かれる質問も、「弊社を希望した理由は?」といった硬いものではなく、現実的な質問が多くなっています。

  • 実際に犬は飼っていますか?
  • ウチは大型ワンちゃんのトリミングも行っているけど大丈夫?
  • トリミングで爪切りや耳掃除の経験はありますか?
  • 犬に噛まれたり、怪我をさせられた経験はありますか?
  • 残業が頻繁に発生しちゃうんだけど、大丈夫?

こういった、作業に関する質問が多くなっています。
犬に噛まれた経験を聞くのは忍耐力、精神的ショックを受けにくいかを確認しているためです。
トリマー未経験の方の中には、犬に噛まれた経験がほとんどなく、暴れたり、噛まれたりしてショックを受けてしまう人もいるそうです。

また、感情の起伏が激しい人だと、噛まれたことの腹いせとして犬に悪質な対応をしてしまう人も。
作業経験の他に、性格を問うような質問が面接でよく聞かれます。

尚、面接で「犬が好きなのでトリマーをやりたい」という回答は、非常にありきたりで魅力的ではありません。
そもそも犬が嫌いだったらこの仕事に就きませんからね。

犬好きということを前提としてどんな勉強をしてきたのか、どんな経験をしてきたのかを伝えることが大切です。

トリマー向けおすすめの転職サイトを紹介!

トリマーの求人は一般的な転職サイト、アルバイトサイトなどから探す方が多いかと思います。
もちろんそういった方法でも良いですが、できればトリマーや獣医など、ペット業界専門の求人をチェックしたほうが、より自分に合った職場を見つけやすいはずです。
例えば、下記サイト。

ペットワークス

ペットワークスはトリマーを含む下記職種の募集を行っています。

  • トリマー
  • ペットショップ接客スタッフ
  • 獣医師
  • 動物看護士
  • 訓練士、トレーナー
  • ペットシッター
  • 受付
  • 事務
  • 通販スタッフ

ペット業界で働きたい人にとっては魅力的な職種の募集が多いですね。
この中でトリマーの求人も500件以上あり、全国各地に求人があります。

お客さんの犬だけでなく、入荷されたばかりの仔犬のトリミングをすることも。
色々な犬種の仔犬を世話することで、それぞれの特徴を知ることもできます。

ペット関連の求人がとても多く、自分の愛犬との出勤を認めてくれるところも。
さらに、そこで自分の愛犬をトリミングしても良いと許可してくれているところもあります。

このように非常にバラエティに富んだ求人があり、自分がイメージしているところが見つけやすいです。

ペットワークスについて詳しくはこちら

まとめ

以上、トリマーの転職について紹介しました。
最後に紹介したペットワークスの求人には、「指名手当」を行っているところもあります。

指名手当はお客さんがあなたのことを指名してくれたら、その分手当てがつくというもの。
指名されたら自分のトリミングを気に入ってくれたという証になりますし、自信もつきます。
さらにも報酬もアップするので嬉しい手当ですね。

こういった求人を見つけて転職先を検討してみましょう。

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る