転職によってキャリアアップしていくために 大切な3つのコト。

現在、【転職】を行うことは一般的となりつつあり、以前に比べると非常に多くの方が転職を経験するようになりました。

海外などの場合は、「転職=キャリアアップ」という図式が成り立ちやすいのですが、残念ながら日本においては多くの場合で「転職=キャリアダウン」となってしまいます。

しかし、転職が必ずしもキャリアダウンになってしまうという事ではなく、適切な方法で転職することで確実にキャリアアップへとつなげることは可能です。

自分の価値をより高く評価してもらうために大切なことは、『セルフプロデュース』です。

日本人には「私がいれば会社は発展する」という回答をする人は非常に少ない

日本人は自己主張が苦手な民族として有名ですが、その辺も影響してか非常に『自己PR』が下手です。

自分を過大評価しないということが美徳であるという文化があったりしますが、転職を確実にキャリアアップの方法にするためには自己PRに力を入れる必要があります。

少し極端に説明すると、転職における面接時に「あなたはこの会社で何をしたいですか」や「この会社に対して何ができますか」と言った質問を受けることは少なくありません。

これは目標設定やそれに対して達成するためのプラン作りなどの能力などを推し量るための質問なのですが、この時に「私がいれば会社は発展する」という回答をする人は非常に少数です。

多くの方は現状を踏まえて「御社の〇〇(事業など)をしたい。それによって自分を成長させたい。」と言った回答になります。

正直な話、現状を維持するための人材にはあまり魅力を感じません。

【1】「私を採用しないと後悔する」というアピールをすること

そのような方であれば採用を見送らせてもらうこともありますし、採用したとしても「キャリア候補」という見方になる事は少なくなります。

極端に言えば「働き蟻」的な位置づけになってしまいます。

それではキャリアアップを期待することはできません。

何度も言いますが、大切なことは『私を採用しないと後悔する』というアピールをする事です。

極端に言ってしまうと、会社に入って何をしたいかなんてことはどうでもいいのです。

むしろ、「私が入ることによって、このようなメリットがあります。それにより、このような利益があります。」というアピールの方が何倍も大切です。

会社から享受される経験によって自分が成長できるだけでは、会社は得るメリットが少なすぎます。

【2】自分のキャリアに見合った企業を選ぶことを止めること

次に、『自分のキャリアに見合った(と思っている)企業を選ぶことを止める』事も必要です。

自分の経験・スキルでは採用されるのは無理だろう、この仕事にはついていけないだろうという考えは必要ありません。

確かに、それを不安に感じることはあるかもしれませんが、取り立てて特別な才能が必要な画家やタレントと言った職業でなければ、基本的には『誰でもできる』ものです。

自分の才能がどうとか、経験がどうとかは主観でありキャリアアップにはマイナスに作用することが殆んどです。

むしろ、「自分ならできる(かも知れない)」、「自分にしかできない」と考え、それをアピールする方が良いです。

仮にビッグマウスになってしまったとしても、企業はその意気込みにこそ魅力を感じ期待します。

【3】自分の棚卸しをし、より深く自分を理解すること

最後に、「自分の棚卸しをし、より深く自分を理解する」ということが大切です。

前述した2つのポイントを達成するためには、まず「自分を正確に理解する」ということが必要です。

これができないと何も始まりません。

自分が思う自分自身の長所・短所はもちろん、技術・知識などを客観的に理解することで、より効果的な自己PRが可能になります。

これは仕事をするうえでも非常に大切な事です。

意味を理解せずに仕事を行っていては大きな成果を出すことはできません。

そのものの本質・意味を正確に理解してこそ、最大限の成果を残すことができます。

企業が欲する人材とは「自分で考え、自分で理解し、自分で行動する人材」

しかし、それを「誰かに教えてもらって理解する」のではいけません。

誰に言われるでもなく本質を理解する事こそが重要です。

これができないと、仮にどれだけ仕事をこなしたとしても結局は「指示待ち人間」と同じです。

企業が欲する人材とは「自分で考え、自分で理解し、自分で行動する人材」です。

確かに、経験によって影響を受ける部分もありますが、それは効率に対する影響です。

根本的な部分の考え方は経験に左右されるものではないため、それがポテンシャルとして評価対象にもなります。

結局は「どれだけ自分を高く売り込むことができるのか」

ここまでいくつかのポイントを紹介してきましたが、結局は「どれだけ自分を高く売り込むことができるのか」が大切です。

しかし、「口だけ番長」ではいけません。

有言実行」もしくは「不言実行」こそが大切です。

自分を売り込むための知識・技術を磨くと共に、実際に自分自身のスキルや知識を磨くことが大切です。

常に自分を向上させるために努力できる人」こそが、転職でキャリアアップを達成できる人です。

Sponsored Links

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】マイナビエージェント

      マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】doda

        dodaはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。 また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】ビズリーチ

          ビズリーチは、国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。 ビズリーチ最大の特徴は、有料プランがあるところ。ハイクラス会員の場合、年収1,000万以上の求人ばかりです。某転職サイトの利用動向調査では、年収600万円以上の方に支持される転職サービスとしてNo.1に選ばれています。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る