第二新卒は転職で年収アップできる?準備すべきこととは

「新卒で内定を勝ち取った会社が、自分に合わないかもしれない」

折角入った会社。だからこそ、合わないなんて贅沢な考えなのではないか? と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。
実際、入社して数年以内で転職を一度でも考えた人の中には「取り敢えず三年」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。実は私もその一人で、三年か~などと思いながら、合わない環境でストレスを溜めていた日々がありました。

新卒で入った上場企業。女性の幹部候補生として育てたい、などと上層部にも言われ(甘言だと思いつつも、引き留めたい気持ちばかりが重くのしかかっていました)、言われるがままに働きながら……自分の今後を考えていました。

「本当にここで働いて、将来自分がなりたい姿が思い描けているのだろうか?」
「働いている中で、会社に疑問を感じることが多い。会社に言ってもうまくかわされてしまう」
「こんな会社で、自分は本当にキャリアとプライベートを両立していけるのだろうか?」

会社に入って一年目でそんな思いを抱いていたところ、ついに残業時間と有給休暇申請の承認が下りなかったことをきっかけに、プツンと糸が切れたように転職を決意。

「どうせなら、今よりも良い会社。年収はキープか、それ以上。残業はほぼ無しで、有休もとりやすくて、ライフプランをたてやすい環境がある会社に転職する!」

私は新卒時の就活を適当にやって入ってしまっていたので、そのツケが良い意味で回ってきた、と解釈して転職活動を全力でやることにしました。

転職の右も左も分からないヒヨコ状態で、転職の情報収集を始めた矢先。新卒で入社してから三年以内の人材は『第二新卒』と呼ばれていること、第二新卒者は通常の経験者である中途転職よりも有利であることを知り、なおのこと転職活動に励もうと取り組んだのです。

そして実際、私は最初に決めた目標を達成し、今は快適な会社員生活を送っています。様々な転職サービスを活用した結果分かったこと。それは、『第二新卒』であることを活かすことで、場合によっては新卒時よりも大手企業の内定が射程範囲内に入ってくることも有り得るということでした。

なぜ第二新卒?

「経験が無ければ、転職を成功させるのは難しいのでは?」
結論から申し上げますと、この言葉は第二新卒の場合、半分正解、半分間違いです。

第二新卒を企業目線で見た場合、一般的な転職者と大きく異なる点があります。それは、『社会人として基本的なビジネスマナーを身に付けた、新卒とほぼ変わらない伸びしろがある人材』という点です。

また、一般的な転職者よりも、第二新卒者は転職へのモチベーションの高さが魅力とも言われています。新卒者と比べ、年齢もそれほど変わらないことから新卒者と同程度の愛社精神を育むことができる可能性を秘めており、教育の費用対効果が大きいのです。

また、中途社員を募集する企業の中には、第二新卒者を一般の採用とは別枠で採用を行っているところも少なくありません。

いざ転職!でも何をしたらいい?

「それなら、第二新卒歓迎の求人を片っ端から応募してみよう!」
いえ、いえいえ。そこはお待ち下さい。大切な第二新卒の肩書きを持つあなたは、そのブランドを安売りをしてはいけません。キャリアアップを目指すためには、準備が必要。時間や資金を浪費しないためにも、ぜひ活用したいサービスがあります。
それが、転職エージェントです。

転職エージェントの活用がキャリアアップに効果的な理由

「転職するなら、できる限り年収を上げたい。大企業への転職は難しい?」
結論から言いますと、これはNOです。むしろ、新卒時より、第二新卒のほうが、大企業への転職は有利と言えるでしょう。

大手企業は、新卒者を獲得するために一年をかけて採用活動を行っています。特に、大手企業は大人数を募集するということもあり、手間や人件費の規模が中小企業と比較にならないほどかかります。しかも、入社の時期は四月で、内定辞退をされる可能性も低くありません。
ここで、転職エージェントの登場です。

大手企業は通常、直接応募を通年でかけてしまうと、皆キャリアアップを求めて応募が殺到してしまい、採用活動が大きな負担となってしまいます。

転職エージェントは、企業が希望している人材と、登録している求職者のマッチングを行います。つまり、採用の一部を代わりに担ってもらうわけですね。これにより、大企業は採用の負担を軽減するのです。

転職エージェントは非公開求人といって、誰でも検索や応募ができる転職サイトには掲載されていない求人をキープしています。中には、独占求人というものも持っていて、その転職エージェントからしか応募できない求人を持っていることもあるのです。
そして独占求人の多くは、大手企業の求人であることがままあるのです。

ミスマッチな求職者が殺到する安価な転職サイトよりも、マッチする求職者を紹介してくれる転職エージェントは、特に大手企業側にとってもメリットとなります。
大手企業に応募するという入り口に、転職エージェント経由で応募する、ということは、無手で応募に挑むよりも、大いに機会が広がると言えるでしょう。

[参考]みんなの評判は!?フリーター・既卒・第二新卒向け就職支援エージェント徹底比較!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
せっかくの第二新卒枠という、貴重な時期の転職。転職のプロを味方に付け、あなたがキャリアアップできることをお祈りします。

著者プロフィール

SAZA

上場企業に新卒で入社。
その後、ノー残業と年収アップを求めて1年9ヶ月で転職を決意。
6つの転職サイトと10社の転職エージェントを駆使し、現在は某大手企業のホワイトな子会社で、気ままに生活しています。

Sponsored Links

フリーター・既卒向け就職・求人サイト人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】ハタラクティブ

      ハタラクティブのコンサルタントは質がとても高いです。カウンセリング実績は3万人以上で、内定率は業界トップクラスの80.4%。人材系の会社で常に人と仕事を結びつける仕事をしてきた実績があるプロフェッショナルばかりです。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】ジェイック

        ジェイックの求人は優良企業かつ未経験OKのところが多数あります。 就職成功率も80.3%と業界トップクラス。 正社員就職支援実績は、12000名を超えています。 待遇は全て正社員で、厳選された優良求人を20社紹介してくれます。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】ミーツカンパニー

          ミーツカンパニーは、イベント参加で内定獲得が叶う新しい就職マッチングサービスです。 知られざる優良企業や大手ベンチャー企業がイベントに参加。 リクルーターがつくことにより、選考が飛び級になることや、面接で伝えられないあなたの魅力もしっかりと企業様へ伝え選考を有利に進めることができます。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        公式Facebookページはこちら!

        関連記事

        facebook

        人気No.1転職エージェント

        ページ上部へ戻る