転職で編集者になりたい!異業種からでもなれるの?

転職で、「編集者」に興味がある方もいるかと思います。
ただ何となくイメージ的に「簡単にはなれなそう」、「経験がないと採用されなそう」といったイメージもあります。

編集者への転職は、どんな人なら可能なのか詳しく見ていきましょう。

経験を問われるのは大手企業

  • 雑誌の編集者募集!
  • 新聞の編集者募集!

といった求人がよくあります。
例えば、未経験の人が出版社として有名な「集英社や講談社、小学館などで編集者として働きたい」と言っても、なかなか難しい部分があります。

こういった大手で編集者として働く場合、すでに雑誌の企画や編集に関わった経験がある人、配信やプロモーションの経験がある人などが優遇されます。

最近はネット運営に力を入れている企業も多く、紙媒体だけでなく、ネット媒体の両方の知識が必要とされています。
単純に「雑誌の編集をやってみたい」、「好きな本だから編集にかかわりたい」といった理由だけで転職は厳しいでしょう。

アルバイトから始める

編集者として働きたいならまずは、アルバイトから始めることも検討してみてはいかがでしょう。
例えば、大手の集英社でも編集者のアルバイト募集をしています。

取材や記事の構成など、一から学ぶことができます。
アルバイトの場合は、当然自分の好きな分野だけ作業するということは不可能です。
雑務的な要素もありますが、そういったことを経験してこそ、編集者としての土台も身につくようになってきます。

編集者のアルバイトは時給で1000円から1200円程度ですが、経験を積むという意味では悪くない選択肢でしょう。

副業、またはフリーランスとして活動する

編集者として最もメインとなるのが業務がライティング。
編集者は記事を構成する力、わかりやすさ、語彙力などが問われます。

自分は雑務なんかやりたくない、バリバリ編集の仕事をしたいという事でしたら、クラウド系のサービスを使ってフリーランスとして活動するのもおすすめです。

経験によって得られる収入はまだ少ないですが、もし自分が書いた記事が有名なサイトや雑誌に載るとことになれば、それだけで十分な実績になりますね。

それをきっかけに、大手企業へ編集者として転職するというのも可能性として出てきます。

中小企業の編集者として働く

雑誌やネットコンテンツを媒体とした企業は非常に多いですから、それだけ就職先もたくさんあります。
会社としての知名度、報酬などを意識しなければ転職先は沢山あります。

[参考]広告マスメディア業界向け転職・求人サイト徹底比較

規模が小さくてもやること自体はほとんど変わりませんから、自分の望んだような環境(記事を書いたり、取材したり、編集したりなど)で仕事することができます。

そこで多くの人から興味を持たれるにはどんな文章が良いのか、どういった文章にすれば最後まで読んでもらえるか、といったことを実務の中でマスターしていくことができます。

編集者になるには何が必要か

まず根本的な能力として構成力、文章力、語彙力は必須。
入社試験として何か時事ネタや題材になるものを出され、それについて文章を書くケースもあります。

1000文字、2000文字、4000文字など文字数に合わせて起承転結をうまくつけて、まとめられる力が必要になってきます。

そのためには普段から文章を書いたり、本を読んだり、時事ネタを勉強しておくことが大事です。
そして編集者の仕事はハードで残業が多く、土日祝日出勤のケースもあり、肉体的にもタフさが求められます。(もちろん全部の企業ではないですが)

文章の構成や作業は個々の差が出やすいので、定時上がりの仕事とは考えないほうがよいでしょう。
自分が書いた記事の評判が良ければ、名声を得られますし、待遇面アップにもつながります。

Sponsored Links

広告マスメディア業界向け転職・求人サイト人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】マスメディアン

      マスメディアンは宣伝、販促、クリエイティブ関連に特化した転職サイトです。 マスメディアン最大の特徴は、上場企業や一流企業の求人も多いこと。 花王、日テレ、ユニバーサルスタジオジャパン、幻冬舎、トイザらス、電通といった企業の採用実績があります。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】マイナビエージェント

        マイナビは、数多くの転職サイトを持っていますが、その中でもエージェントが在籍しているマイナビエージェントは優れた求人があります。 実に半分以上の割合で広告・マスメディアに関する仕事が紹介されていると言えます。 マイナビエージェントは特に非公開求人の割合が多い転職サービスです。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】type転職エージェント

          商品開発に携わり、それを広告・マスメディア業界に依頼し、商品をアピールするという時にかかわってくる仕事募集がたくさんあります。 表舞台で活躍するような広告・マスメディア業界の仕事だけでなく、調査、集計、レポート作成など、裏方の仕事も紹介しているのがtype転職エージェントの特徴です。 求人数としては多いわけではありませんが、様々な職種の募集があるため自分の方向性をいろいろな角度から検討できます。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る