転職でハイクラスな求人サイトに登録できる人ってどんな人?

ここではハイクラス向け求人サイトについて詳しく見ていきます。
年収が600万円を超えるような求人ばかり集めている転職サイトは当然、登録者にもそれ相応の実力を求めてきます。

こうなると「自分は登録できないのでは?」と不安に思っている人も多いでしょう。
そこでハイクラス向け求人サイトは、登録者にどんなスキルや実績を求めているのか調べてみました。

ビズリーチの登録条件

ハイクラス向け求人サイトによって登録条件が異なります。
まずは、ビズリーチを見てみましょう。

ビズリーチは分かりやすく、過去の年収によって登録の可否が決まります。
年収が600万円以上なら通常の会員登録が可能。

年収が750万円を超えていると、ハイクラス会員として登録されます。
ハイクラス会員は年収1000万以上の求人をチェックすることができます。

逆に言うと、年収が600万円を下回ると登録が難しいです。
登録の敷居がとても高いサイトです。

キャリアカーバーの登録条件

career01

キャリアカーバーは具体的に年収いくら以上という条件は記載されていません。
ただし、案件が平均800万円以上のものが中心になっているので、それ相応の年収がある人が対象と考えられます。

「年収800万円以上のハイクラス限定転職サービス」ですから、そこへの飛躍を考えてる年収600万円以上の実績は欲しいところです。

キャリアカーバーはリクルート系の転職サイトでもあるので、リクナビ等を使用していて、過去のキャリアが認められれば、こちらの登録を推奨されることも考えられます。

ミドルの転職の登録条件

ミドルの転職はエンジャパンが運営している転職サイトで、ミドル世代を中心とした世代を対象にハイクラスな求人を取り扱っているサイトです。

ミドルの転職は年収の制限もありませんし、前職の就業状態も問われません。
仮に正社員でなくても登録が可能です。

ハイクラス向け求人サイトの中では、登録への敷居がやや低いサイトといえます。

登録はできてもその後が重要

ハイクラス案件を多く取り扱っている転職サイトでも、登録までは容易に出来るサイトが多いです。
ただ、登録できた後に色々な案件を紹介してもらえるかというと、それはまた別。

ハイクラス向け求人サイトは、主に下記のような人材を望んでいます。

  • 管理職経験者
  • マネージャー経験
  • 役職経験者

ポジションで言うと主任や係長クラスではなく、課長クラス以上の人材を求めています。
ハイクラス求人というと経営に携わっているような人や役員になっていた人も良いのではと思われがちですが、組織の中で従業員として働いていてほしいという募集が多いです。

そのため、「会社を経営していました」という経歴より、「営業部署の課長として働いていました」という人の方が重宝されます。

近年ハイクラス求人サイトで求めている人材とは

昔は管理職の経験さえあれば高い評価が得られましたが、今は違います。

今はプレーイングマネージャーのような経験が必要とされています。
部下に指示するだけでなく「自分も実践している」、「自分が先頭になってその部署を引っ張っている」というような行動派が好まれます。

どうしても自分自身が現場に身を置いて理解していないと、だんだんと明確な指示や指導ができなくなってしまいます。
そういった時代に即した能力を持つには、常に最前線で戦っている人が必要です。

もし年収面でハイクラス求人の登録条件に満たしていなくても、部下の育成や指導経験がある人なら登録が可能になり、仕事を紹介してもらえる可能性もあります。

ハイクラス求人は、経験のある人はそれなりに年齢も重ねていると解釈されますので、40代でも気兼ねなく登録できます。

【高収入30代・40代】ハイクラス向け転職サイト徹底比較!

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る