転職は退職理由が大事!良いパターンと悪いパターンを紹介します!

転職するときは「転職理由」を聞かれることが多いですね。
はっきり言って、これは嫌な質問と思っている求職者も多いのでは。
前向きな退職の人より、ネガティブな要素を引きずって退職する人の方が圧倒的に多いです。

そこでどんな転職理由なら良い印象を与えられるのか、良いパターンと悪いパターンの事例をもとに紹介していきます。

良いパターンの転職理由

良いパターンの転職理由は前向きな理由、あるいは自分に非がないことです。
下記のような転職理由は、マイナスにとられることが少ないです。

  • 「自分のやりたいことを実現するため!」
  • 「さらなるスキルアップを目指して!」
  • 「違う職種にも興味が出てきた」
  • 「家族のために金銭的な要因」
  • 「会社が倒産してしまった」
  • 「会社の経営が傾いてきた」
  • 「パワハラが問題になり、居心地が悪くなった」

上記のようなことが良いパターンとして挙げられます。
ただし、パワハラの場合は実際にそれが社会的に問題になったり、表面化した場合にのみ使うようにしましょう。
何もかもパワハラだったと言うと、採用する企業側も躊躇してしまう可能性があります。

基本的に前向きな理由や、自分1人だけの力では変えようのない状況を伝えると良いでしょう。

実際の面接では、ただ単に「スキルアップしたい!」と言うだけでは説得力はないので、前職の仕事内容と希望する仕事内容を比較して、どのような技術や知識を習得したいのか具体的に述べると尚良しです。

悪いパターンの転職理由

次に悪いパターンの転職理由も紹介します。
悪いパターンはどうしても自分よがりの理由になったり、他人に悪い部分を押し付けるような言い方になりやすいです。

  • 「体調を崩してしまって」
  • 「家族が体調を崩してしまって」
  • 「会社の方針と自分の考えが合わなかった」
  • 「自分の頑張りが評価してもらえなかった」
  • 「上司と軋轢があった」
  • 「同僚と軋轢があった」
  • 「考え込んでしまう自分の性格と仕事内容が合わなかった」

上記のような転職理由を述べると、敬遠されるケースが多いです。
その要因として考えられることは「新しい会社でも同様のケースが起こってしまうのでは」、と考えるからです。

例えば体調面の問題は今後も起こりえること。
実際それが本当の退職理由だとしても、「今は全く問題ない」ということを同時に示すべきです。
例えば医師からの診断書や経過観測など、具体的に資料として分かるものを提出しましょう。

そして上司や同僚との関係が悪化して退職した、という理由も良いとは言えません。
コミュニケーション能力が低い人は会社としても必要としませんからね。

また自分の性格や考えが会社と合わなかった、ということも言うべきではないでしょう。
どんなシチュエーションでも会社と意見が合うとは限りませんし、むしろ自分から合わせていく意気込みがないと円滑に業務が行えません。

臨機応変さや柔軟性がない、と解釈されるのでこういった言い方は避けましょう。

退職理由は聞かれなかったら、あえて言う必要なし

企業によっては退職理由を聞いてこないケースもあります。
その場合に、あえて自分から「前職はこういった理由で辞めてしまったのですが・・・」、などと言う必要はありません。

退職理由をポジティブな印象で終えるのは難しいです。
前職が気に入った環境なら、そもそも転職しませんからね。

退職理由を言う時はオーバーにポジティブな言い方をする必要はありませんが、なるべくネガティブな印象を残さないことがベストです。

そして文章を構成するときは、「悪い事を言ってから良い事を言う」という流れを意識しましょう。

退職理由(悪い理由)→志望動機(良い理由)という流れです。

これは心理学にも影響することですが、アメリカのカリフォルニア大学の研究によると、良いニュースと悪いニュースがあった時、7割の人が悪いニュースを先に聞きたいと回答しています。

これは良いニュースを最後にした方が、心理的不安から解消されることが影響しています。
こういったことを面接で意識すれば、結果的に面接官に良い印象を与えることができます。

もしどうしても良い退職理由が見つからなかったら、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

Sponsored Links

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】マイナビエージェント

      マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】doda

        dodaはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。 また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】ビズリーチ

          ビズリーチは、国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。 ビズリーチ最大の特徴は、有料プランがあるところ。ハイクラス会員の場合、年収1,000万以上の求人ばかりです。某転職サイトの利用動向調査では、年収600万円以上の方に支持される転職サービスとしてNo.1に選ばれています。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る