軽はずみな気持ちで転職はダメ!良い転職の理由と悪い転職の理由とは?

転職という言葉自体が、昔よりはポピュラーで身近な存在になってきた

転職といえば、昔はあまり良くないイメージがありました。

なぜかと言うと一昔前の社会人というのはその道何十年、という職人気質の方々ばかりだったからです。

つまり高校や大学を卒業して、新卒でその会社に入り、40年以上働いて定年する…それが当たり前の世の中だったのです。

しかし時代は変わりました。

今や同じ会社に何十年と籍をおいて働く人は珍しくなってきました。

もちろん転職をしない人もゼロではありませんが、大半の方は社会人生活の中で一度は転職経験があると思われます。

つまり転職という言葉自体が、昔よりはポピュラーで身近な存在になってきたのです。

軽はずみな気持ちで転職をしてしまったら、後で取り返しのつかないことになる可能性も

しかし、この転職とは自分の糧を得るための手段、即ち『仕事』を換えるという行為です。

当たり前ですが、非常に大切な行為です。

下手をしたら人生を左右する事柄に繋がり得るかもしれません。

軽はずみな気持ちで転職をしてしまったら後で取り返しのつかないことになる可能性もあるのです。

そんなことを前置きとして、ここで良い転職の理由と悪い転職の理由を紹介していきましょう。

転職をする、ということは何かしらの理由があってのことだと思われます。

その理由が大切なのです。

良い転職の理由

【1】人間関係

これはかなりの割合の方々が当てはまると思います。

多少癖のある人間はどこにでも居ますが暴力的な人やデリカシーのない人がいて被害をこうむっているのであれば転職の正しい理由となります。

しかし、どこの職場にいっても多少癖のある人間は必ずいます。

それを受け入れることができるようになるのも、貴方にとって、ひとつのステップアップの要素かもしれません。

【2】健康面での問題

肉体労働など体が資本の職業にとっては大切なことです。

気持ちと体か追いつかない、そんな自覚がある方は危険信号です。

疲れが溜まり仕事をミスする。

それをフォローするのは周りの人間ですから。

【3】何かやりたいことができた

もちろん、これは最も正しき転職理由でしょう。

やりたいことがあるならばどんどんやるべきです。

悪い転職の理由

【1】そもそも理由がない

なんとなく今の仕事が嫌だ。
みたいな考えの転職は言語道断です。

嫌なら嫌だという理由を探して、その理由が全うかどうかを何度も自問自答して転職に至るのが正しき道です。

そんな転職を繰り返していたら社会不適合者になってしまいます。

【2】給料が安い

お金が安い、と言って辞めた場合は殆どの方が転職に失敗しています。

給料が安いのを会社のせいにしてはいけません。

貴方の給料が安い理由だってあるはずです。

給料が安くても、他に良い面はありませんか?

お金は大切ですが、お金ばかりを求めても自分にとって良い結果をもたらすとは思えません。

【3】上司や役員にタンカを切って辞める

これは非常にいけません。

立つ鳥跡を濁さず、ということわざがありますがその通り。

お世話になった会社の役員や上司にたてついて、会社を後にするなど言語道断。

やはりそこは社会人として、転職先にいても千金なく連絡が取り合えるような関係にしておくのが大人としての常識というものでしょう。

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る