介護士として成功する転職先の選び方

介護士として働いている中で、様々な理由で、転職したいと考える人も少なくありません。しかし、転職をしたからと言って、今ある問題点が解決するかわからず、転職をためらう人も多いのではないでしょうか。また、転職するからには、今よりも良い環境・待遇・状態を求め、介護士として働き続けたいと考えている人も多いと思います。
ここでは、介護士として成功する転職先の選び方について、ご紹介いたします。

介護の仕事は施設によって異なる

介護士の仕事というと、高齢者の介護と考えている人が多く、介護保険の改正などに伴い、どの施設に働いてもあまり変わらないと考えている人も少なくありません。しかし、介護の仕事は、高齢者の介護だけではなく、障害者の施設や病院での看護助手等、さまざまな形態で働くことがあります。
さらには、福祉住環境やケアマネージャーなどの資格を取得することにより、企業等全く違う施設で働くこともできます。そのため、自身が介護士の知識を持ち、介護士としてどのように働きたいのかということを理解し、働き方を考えていくことも重要となります。

転職することにより、収入面がアップの可能性も

新卒から、同じ職場で働き続けると、その職場での昇給制度に伴い、給与形態が決まっています。しかし、既卒で経験があることにより、転職する際は収入面がアップすることもあります。また、違う施設で培ってきた知識や、考え方、介護方法などを、新しい施設に取り入れることにより、転職先において優遇されることも少なくありません。
そのため、転職前に働いていた職場と、同じような職場に働き、処遇改善を求めることも成功のカギとなります。さらに、転職することにより、収入面がアップするのであれば、介護士としてのモチベーションアップにもつながり、介護士として継続的に働くことがでます。

施設が求めている介護と、自身が求めている介護を比べる

転職する場合、多くは処遇などの待遇面を見て、転職先を探す方が多いのではないでしょうか。しかし、働き続けるためには、お金がすべてではありません。もちろん、収入面がアップすることは、家計にとってもうれしい話となります。しかし、金銭的余裕が生まれることと、そこで継続的にやりがいを持ち働き続けることとは、物の見方や考え方が違います。
そのため、転職先の施設が求めている介護は何か、何を目標として介護を行っているのか、施設見学等を通して理解しておくことが重要となります。

また、その施設が求めている介護と、自身が求めている介護が一致しているのか、似ている部分はあるのかということを照らし合わせることも重要となります。介護は、人を相手に行う仕事であり、また介護士自体がやりがいがなければ、介護される側にとっても安心した生活を提供することはできません。そのため、介護士として「ここで働きたい」「ここならがんばれそう」と思える施設に、転職することをお勧めします。

まとめ

介護士として、成功する転職先の選び方として、自身が介護士としてどのようなスタイルで何をしたいのかを考えることが重要となります。ただ介護士をしてきたから、また次も介護士として働くのではなく、介護士として働くからにはこうしていきたいという、自身の思いや考えを理解しておくことが重要です。

また、施設介護にこだわらず、企業からの介護介入や、在宅介護の促しなど、様々な視点で介護士として活躍する場はあります。そのため、自身が求めている介護というものを理解し、転職先を選び転職活動を行うことが、転職を成功させるカギとなります。さらに、介護士として転職をするのであれば、今以上の収入面アップのためにも、自身の経験や知識・技術を最大限引き出せる転職先を探し、転職することをお勧めします。

介護士さんにおすすめの転職サイト徹底比較!

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る