優良企業に入ろう!ニーズを意識して転職活動すれば実現できる!

どうせ転職するなら、優良企業に入社したい!転職活動を行っている皆さんも、そんな思いを胸に秘めているのではないでしょうか。
ブラック企業から転じてホワイト企業などとも呼ばれる優良企業ですが、そもそも優良企業とはどんな企業を指すのでしょう?優良企業に出会うための極意はあるのでしょうか?
今回は、優良企業に就職するために、転職者がまず考えないといけないことをご紹介いたします。

希望条件を明確に!

コーディネーターとして働いた経験上、優良企業を探すうえで一番大切なのは、自分の中での優先順位を明確にしておくということだと思います。
たとえばA社は給与が高く、待遇は良いですが、その分求められる仕事のレベルが高く、残業が多い、さらには海外を含めて出張、転勤、赴任があります。
一方でB社は、給与や待遇はそこまでよくはありませんが、定時退社があたりまえ、有給取得に積極的といった社風で、転勤がないといった特徴があるとします。
さて、A社とB社でどちらがより優良な企業でしょうか?

現在の給与に不満があり、転職後はバリバリ働いて稼ぎたい!という方はA社を、現在の労働環境に不満があり、転職後はゆっくり私生活やプライベートを充実させたい!という方はB社に魅力を感じる方が多いのではないでしょうか。
このたった一つの質問からもわかるとおり、人によって求めるものは様々です。

ある人にとっての優良企業が万人にとっての優良企業とは言えません。
すべての方が納得できる優良企業などない、と言えるかもしれません。
これは同時に、すべてが満足できる会社もない、という意味だと思います。
バリバリ働きたい方がB社に入社してしまえば、給与に不満をもち、B社は優良企業ではない!と主張するでしょう。
「優良企業と思える企業」に就職するためには、まずは自分の中のニーズを明確にして、そのうえで企業を選ぶ必要があるのです。

転職エージェントを積極的に利用しよう

ではどうやったら自分のニーズにぴったり合致する優良企業に就職できるのでしょうか?
そのためには、転職エージェントを積極的に利用してほしいと思います。転職エージェントはその職務柄、たくさんの人と面識があります。
就活者からはもといた企業への不満や愚痴を聞くことがありますし、企業側の人事担当者から、求人を出している企業の内情を教えていただくこともあります。
こうして様々な企業の風土や、雰囲気がなんとなくわかるようになります。

一方で、求職中のほとんどの方はできるだけ今ある自分のスキルを活かしつつ、早く次の職を見つけて転職したいと考えていますから、業種や業態、業務内容を優先される方がほとんどです。
求職中の方が自分のニーズを自覚しているとは限りません。他人の目を通すことで初めてニーズに気付く、なんてこともあるようです。
エージェントとしても、入社してすぐに退職されてしまっては面目が立ちませんから、できるだけ長く続きそうな方を推薦したいと思っています。

社風や風土などは求人情報を見ているだけではわかりません。
ちょっとでも疑問に思うことがあったら、どんどんエージェント質問するようにしましょう。
直接は聞きにくいことも聞ける、それも転職エージェントを使うメリットの一つだと思います。

20代におすすめの転職エージェント徹底比較!

長く働ける会社に就職しよう!

転職するということは、時に転居を伴います。
時間や金銭といった物理的にも、精神的にも大きなストレスがかかります。
数回の転職ではそれほど採用に響かなくなってきたとはいえ、転職回数が多い方を敬遠する企業もまだまだ多く存在するのが実情です。
どうせ転職するならば、自分のライフワークバランスにぴったりの優良企業を見つけて、長く働けるといいですね。

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る