看護師の切実な4つの悩み

①職場の人間関係

看護師として働いている上での悩みと言えば、やっぱりなんだかんだ言って「人間関係」でしょうね。残念ながらこれにつきたりはするのですよね…。たとえば、週明けにはいつも決まって機嫌の悪い主任看護師さんの存在ですとか、うまいこと病室でさぼる5年め看護師にイライラしたり、とある出張医の高圧的な態度にムカッとしたりと。

やっぱり看護師の職場でイヤなことをあげろと言われれば、そのほとんどが同じ職場で働く人間からのストレスになりますね。ですからやっぱり悩みは人間関係といたっところになるのですが、解決策としてまずはきにしないこと。

それでも、どうしようもない場合は、やはり職場を変えるしかありません。幸いなことに看護師でしたら求人数も多いですから転職先も決まりやすいです。

まわりの人を変えることは難しいですから、自分で環境を変えることもひとつの手かもしれません。

②夜勤が辛い

看護師になって夜勤が辛く辞めたいと思う人も少なくないはずです。神経質な人や新人さんなどに多い悩みだと思います。

昼間にしっかり眠らないと身体がもたないぞと思って焦れば焦るほど、眠れないものです。夜勤明けにさぁ寝ようと思っても、外はとても明るくなかなか寝付けないことは自然なことです。

まずは、1時間でも寝ることができればOKと割り切ることにしましょう!1~2時間の昼寝でも夜勤中の眠気は少しはなくなりますし、睡眠サプリメントに頼ったり、自分に合った寝具に買い替えたりなどして、早めに対策をすべきです。

眠らないと!と思うと眠れなくなるものなので、「ちょっとでも眠れれば大丈夫」とリラックスするようにすると意外に眠れるものです。

③結婚・出産後の働き方

看護師の悩みと言えば、やっぱり独身時代はどのようにも働けていても、結婚して出産してからがキツイですね。そりゃあ独身時代ならば、夜勤交替要因にもなれるぐらいに、フットワークは軽いですからね。

実家暮らしでもなく、社員寮にでも入っていれば、何時に帰ろうといつお風呂に入ろうと、誰に気を遣う必要もないですからね。自分の仕事にあわせて生活だって組み立てることができるわけです。

しかし結婚してからは旦那さんの帰ってくる時間も考慮しなくてはいけないですし、そもそも夜勤をすると生活の時間帯がずれますからね。寝る時間もストレスになったりもするわけです。ましてや子どもが生まれると。

子どものために夜勤をやめたいけど、経済的な理由でなかなかそうもいかないようです。

④ブランク後の復職

医療の現場は日々目まぐるしく進歩しています。ですからブランクにより看護師としての自信を失い、復職に不安を抱く人が多いのです。

そういった悩みには、復職先選びがとても大切です。ブランクOKとだけ書かれた求人ではなく、きちんと指導員をつけてくれる職場を選びましょう。

また少人数体制の病院では、即戦力を求められる事がほとんどです。そのためある程度の規模がある職場のほうが復職先として適していると言えます。

ブランクにより失った自信を少しでも取り戻すように努めるのも大切です。例えば、事前に病院見学をしてみたり、復職支援セミナーを積極的に受けてみるのも悩みを解消する第一歩となるでしょう。

看護師におすすめの転職サイト徹底比較!

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る