医師が製薬企業へメディカルドクターとして転職するための重要なポイントとは?

新規立ち上げ地方病院の医局への転職ということになると、医師免許を持ってられるドクターならば、大体どのように対応することでクリアできるかということは大体想像がつくと思います。

都心の大病院での勤務医の経験があれば、面接でよほど自己中心の発言をしない限り問題ないはずです。

かたや製薬企業への転職、つまりメディカルドクターになるには、そうはいかないようです。

製薬会社が医師に求めるものに、病院の勤務医経験以外に求めるもの以外に、いくつかあるからなんです。

製薬企業がメディカルドクターに求めるものとは?

まず、製薬企業がメディカルドクターに求めるのは臨床医としての経験・実績の年数・深さです。

臨床現場からの生の声を製薬に反映したいということからなのです。

基本のところは医療の発達のためにという、医療関係者全員のテーマに当てはまります。

そして英語力が必要になります。製薬会社はボランティアで薬の開発をしているのではなく、他社との競争の中で利益を出すべく戦っています。

特に外資系の製薬会社は、特に英語でのデータ判読が必須となります。

客観的にTOEIC○○○点以上、という形を求めてくるのは非常に必要性があるからなのです。

医師専門転職エージェントが注意してみていることとは?

そして、医師専門転職エージェントが注意してみているのは、幅広い人間性のところになります。

さらには、医療機関でキャリアを積んでいて、一定の実績と技量をもっていること。

もっといえば社会人としての常識を弁え、厚生労働省がとの交渉等ができる人ということになります。

製薬企業への転職を考えている医師の方であれば、学生の時にサークル活動をしていたとか、医療以外のアルバイトを多数経験してきたとか、学問としての医療以外の経験値が高いことが好ましいといえるでしょう。

製薬企業への転職に強い!おすすめの医師向け転職エージェント

医療業界で転職したいという時に役立つのが転職エージェントの存在です。

特に製薬業界に転職したいという人にはエムスリーキャリアをオススメします。

その理由は、全国の製薬業界に精通しているのがこのエムスリーキャリアだからです。

1506181

製薬業界というと地方では大変有名だけれども全国的にはそうでないといった企業も多く、そういった企業にこそ働きがいのある職場がある事が多いのです。

エムスリーキャリアならば幅広い情報網で確実に調べてくれますのでこれから転職をしたいならば是非とも活用したほうが良いでしょう。

料金も他の会社に比べて割安なのも魅力的です。

おすすめのコンサルタントは!?医師向け転職エージェント徹底比較!

Sponsored Links

公式Facebookページはこちら!

関連記事

facebook

ピックアップ

ページ上部へ戻る