みんなの評判は!?薬剤師おすすめ求人・転職サイト徹底比較 2017

薬剤師向け転職サイトを利用するメリット

元薬剤師に出会えるかも!?

転職サイトは必ずしも就業先と同じ経験がある人が在籍しているわけではありませんが、薬剤師専門の転職サイトの場合、仕事内容を理解した元薬剤師が在籍している場合もあります。

「調剤業務はどのように行っているか」
「服薬指導をする人はいるのか」
「薬歴管理はどのようにおこなっているか」

などその業界に精通してないと、わからないような質問をすることも可能です。
ただし、元薬剤師が在籍している割合は少ないので、そこまで期待しない方が良いでしょう。

求人数も充実

薬剤師専門転職サイトは、一般の転職サイトよりも薬剤師の求人が充実しています。
それが薬剤師向けの専門サイトだと数千件、あるいは数万件の求人が紹介されています。
特に求人数が充実しているのが、リクナビ薬剤師

各地域に数百件の求人があり、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、広島、福岡に関しては数千件の求人があります。
ここまで求人数が充実しているサイトもなかなかないでしょう。

薬剤師向け転職サイトを選ぶポイント

yakuzaisi01

求人数

上記で紹介しましたが、やはりに求人数が多くなければ選択肢も広がりません。
少なくとも全国合わせて1万件以上の求人が載っている薬剤師専門サイトを選びたいですね。

大手のリクナビ薬剤師は公開されている求人だけでも数万件ありますが、非公開を加えると10万件近い案件があります。
リクナビ薬剤師では、7割以上が非公開です。
登録して、さらに自分に合った求人を見つけてみましょう。

勤務先の選択肢の豊富さ

勤務先が薬局だけだと、本当にそこが自分に合っているのか判断が難しいです。
薬局以外にドラッグストア、病院、企業、クリニックなども検討してみましょう。
例えば、ドラックストアの中でもOTCのみのところや調剤を併設しているところなど様々です。

調剤を併設しているところであれば、接客業と調剤の両方の仕事を行うことが可能です。
最近では漢方に特化した薬局もありますので、まずは選択肢が多数用意されている薬剤師向け転職サイトを選びましょう。

キャリアアドバイザーの数

キャリアアドバイザーが豊富にいるかどうかも大事です。
できれば地域ごとに、少なくとも10人以上のキャリアアドバイザーが在籍していて欲しいですね。
キャリアアドバイザーが1人で多数の求職者は相手にしていると、自分に対するサービスの質が落ちますから、良い状況とは言えません。

求人数の多さに比例して、キャリアアドバイザーも多いですから、転職サイト選ぶ際、キャリアアドバイザーの数を重視するのもよいでしょう。キャリアアドバイザーが充実しているところはマイナビ薬剤師薬剤師ではたらこファルマスタッフリクナビ薬剤師などがあります。

キャリアアドバイザーがフォローしてくれる範囲

エージェントが存在する転職サイトを利用する最大のメリットは、転職活動の負担が大幅に軽減すること。
具体的にどんなサポートしてくれるのか、登録会の時にでも聞いておきましょう。

  • 自分の希望に合った求人を紹介してくれる
  • 非公開求人がある
  • 応募先企業の詳しい情報を教えてくれる
  • 履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれる
  • 面接対策をしてくれる
  • 面接に同行してくれる
  • 面接日時を調整してくれる
  • 待遇面を調整してくれる
  • 入社日を調整してくれる
  • 入社後のアフターフォローをしてくれる

上記全て対応してくれるところは、優秀な薬剤師向け転職サイトです。

ただし、無謀な要求はいけません。
「履歴書を書いておいてほしい」、「入社日を3ヵ月後にしてほしい」などと要望する求職者もいるようですが、そういった横暴な姿勢だとエージェント側も協力姿勢が崩れてしまうので注意しましょう。

薬剤師向け求人・転職サイト 比較表

転職サイト名 公開求人数 非公開求人数 対応地域 雇用形態
マイナビ薬剤師 約37,000件 全体の40% 全国 正社員、契約社員、アルバイト・パート、その他
リクナビ薬剤師 約35,000件 全体の25%程度 全国 正社員、パート、アルバイト
薬キャリ 約30,000件 あり 全国 正社員、契約社員、派遣、パート
ファルマスタッフ 約60,000件 記載なし 全国 正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣
薬剤師転職ドットコム 約35,000件以上 あり 全国 正社員、バイト・パート
ジョブデポ薬剤師 約32,000件 あり 全国 常勤、非常勤
ファーマジョブ 約10,000件 全体の約70% 全国 常勤(正社員)、非常勤(パート)、短期、単発

※2017.1.13 現在

各薬剤師向け転職サイトの特徴

gold

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は安定感のあるサイトで、2年連続で薬剤師転職支援サービスの満足度1位を獲得しています。
マイナビ薬剤師は、特に働きながら次の職場を探している人や、より高条件の職場を探している人に向いています。
限られた時間の中で、就職活動をするならば、マイナビ薬剤師を利用して、自分の希望条件にあった職場をあらかじめ絞ってもらうことができるので便利です。
またマイナビ薬剤師は、対応が早く、実際に紹介された職場とのマッチング率も高いと評判です。

マイナビ薬剤師に関する主な口コミや評判

○希望する職場の情報を詳しく教えてくれた。
○大手ということもあり、とにかく情報量が豊富。
○迅速に対応してくれる。
○業界全体のことや薬剤師に対する知識・理解が深い。

gold

リクナビ薬剤師

riku01
リクナビ薬剤師は、リクルートが全力でサポートしてくれる薬剤師転職サイトです。
総求人数が約35000件以上で業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストアや病院まで網羅しています。
選りすぐりの非公開求人にはリクルートグループでしか見つからないものもたくさんあります。
新着求人は毎日30件以上もあり、土日休みの薬局や残業なしの求人など、好条件の求人を紹介してくれます。
最短3日で転職できますので、急な転職が必要な方でも、ストレスを感じることなく転職が可能となります。
「アドバイスが的確でよかった」「選択肢が多くて嬉しい」「サポートがしっかりしていて安心」など評判は上々です。

リクナビ薬剤師に関する主な口コミや評判

○他の転職エージェントに比べて求人が多い。
○コンサルタントのアドバイスがとても的確。
○希望や条件にある求人が多かった。
△薬剤師や業界に関する知識が少ない

gold

薬キャリ

yaku02
薬剤師の転職支援サイトは数多くありますが、この薬キャリその求人数と情報の早さで他のサイトよりも大きく優れています。
薬キャリのメールサービスの登録しておけば、いち早く情報をゲットできるので、ライバルたちに先んじて求人先の情報を収集することができます。
薬キャリは確かなスキルと実績を持っている薬剤師の方にこそオススメしたいサイトです。
薬キャリならば全国の求人が閲覧することができ、また複数の企業に同時に問い合わせながら比較検討できるので、最適な転職先を探すことができます。
実際に転職を成功させた方々には、コンサルタント質や紹介案件の数ともに非常にレベルが高く、満足の行く転職が出来たという声が多数上がっています。

薬キャリに関する主な口コミや評判

○求人を厳選して、ぴったりのものを紹介してくれる。
○わがままな要望にも柔軟に対応してくれた。
○年収がアップした。
△紹介してくれる求人が少ない

ファルマスタッフ

1508296
ファルマスタッフは薬剤師専門の転職サイトとして、多くの方から選ばれる理由として、圧倒的な情報量にあります。
ファルマスタッフでは、専門のキャリアコンサルタントが実際の職場まで調査して、より細かな情報等を集めているので安心です。
どれくらい残業があるのか、忙しくなる時期はどれくらいか、有給が取れやすい環境なのか等もしっかりとアドバイスを受けることができるので多くの方から選ばれています。
薬剤師としてよりステップアップしていきたいといった悩みを持っている方でも、専門のキャリアコンサルタントがその望みをしっかりと叶えてくれる転職先を紹介してくれます。
「自分らしく働ける職場を見つけられた」「以前の職場より生き生きとして働いている」といった口コミもたくさんあります。

ファルマスタッフに関する主な口コミや評判

○高条件の求人が多い。
○職場の雰囲気や人間関係等、情報が深い。
△こちらの条件とは少しずれた求人を紹介された。

薬剤師転職ドットコム

yakudotcom
薬剤師転職ドットコム利用者満足度は95.8%とかなり高いです。
コンサルタント全員が納得のいく転職にこだわっており、相談者の不安をそのままにしたり、希望に合わない求人を無理矢理勧めてくるということは、まずありません。
薬剤師転職ドットコムのの強みは独自の強いネットワークとNO.1クラスの求人数。
太いパイプに自信を持っているからこそ、求人票だけでは分からない職場の雰囲気や人間関係、休暇取得状況や忙しさなどを伝えてくれます。
かなりしっかりとしたサポートをしてくれるので、転職に不安があるから詳しい人に徹底的にサポートしてもらいたいという人にはうってつけだと思われます。
「よりよい求人を紹介してくれた」「聞きづらいことでも答えてくれた」「職場の雰囲気を聞けてよかった」などの評判が多いようです。

薬剤師転職ドットコムに関する主な口コミや評判

○熱心にサポートしてくれて、本当に信用できる感じがした。
○好条件な非公開求人をたくさん紹介してくれた。
○担当の方が丁寧で、ストレスなくやりとりできた。
△少ししつこいと思うことがあった。

ジョブデポ薬剤師

yaku03
ジョブデポ薬剤師は、取り扱っている求人の数も豊富で、サポート体制に関しても充実しています。
またジョブデポ薬剤師では、転職が決まった薬剤師に対して、お祝い金を支給するシステムが用意されています。
広告費を抑えるようにして、薬剤師に還元するようにしているのです。
専任のコンサルタントが、利用者を徹底的にサポートしていくので、初めて転職活動に取り組む場合でも、不安を抱くことがありません。
個人情報の管理もきちんと行われているため、登録している情報が流出してしまうようなこともありません。
安心して転職活動に臨むことができます。

ジョブデポ薬剤師に関する主な口コミや評判

○求人数が豊富で、条件に合う求人をすぐに紹介してくれた。
○コンサルタントの専門知識が深く、安心して任せることができた。
○40万円のお祝い金が嬉しかった。
△レスポンスがあまり良くなかった。
△求人の情報が乏しい。

ファーマジョブ

farma
ファーマジョブは以前には、北海道のみの薬剤師求人を扱うサイトとして知られていました。
現在は全国を対象に展開していますが、かつての名残もあってやはり北海道への転職には、今も大きな力を持っています。
北海道で働きたいという薬剤師にとっては、数あるサイトと比較してもなにより有力な選択肢となるはずです。
また薬剤師の求人の中で、特に調剤薬局の転職に特化した斡旋を行っているというのも、このサイトの特徴です。
調剤を行う薬剤師として長く活動したいと考える時には、サイトの豊富な求人数が役立つでしょう。
正社員として働きたいと望む人からも、パートで柔軟に努めていきたい考える主婦薬剤師からも、希望していた通りの転職ができたと評価される懐の広さが魅力です。

ファーマジョブに関する主な口コミや評判

○調剤薬局専門ということもあり、スムーズに調剤薬局へ転職できた。
○今後のキャリアプランを一緒に考えてくれた。
○職場の雰囲気・経営状態など求人先の詳しい情報を教えてくれた。
△何かと理由をつけて、希望とは異なる職場を進められた。
△求人の数が少なかった。

転職に成功した薬剤師さんの間で、評判が高い転職・求人サイトは?

転職に成功した薬剤師さんの間で評判が高いのが、マイナビ薬剤師です。
評判が高い理由は、なんといってもその転職率の高さ。
マイナビ薬剤師では、全国の求人情報を網羅し、求人情報、評判、雰囲気まで一元管理。
採用担当者だけでなく現場の薬剤師さんからもしっかり現場の状況を把握しています。

ですから、薬剤師さんにピッタリの求人を紹介できますし、スムーズな転職に繋がっています。2年連続で薬剤師転職支援サービスの満足度1位を獲得しており、その評判の高さを証明しています。
もし薬剤師さん向けの転職サイト選びに迷ったならば、まずはマイナビ薬剤師に相談してみてはいかがでしょうか?

マイナビ薬剤師について詳しくはこちら

総評

いかがでしたでしょうか?
上記でご紹介したように、薬剤師向けの転職・求人サイトもたくさんあり、それぞれの強みや特徴もさまざまです。自分に合った転職・求人サイトを選ぶのが一番ですが、なかなかそれを見つけるのも難しいところです。
これから転職活動をされる薬剤師さんにおすすめなのは、やはりマイナビ薬剤師です。
転職率の高さというところから考えて、まずはこちらに登録してみるのがベストだと思います。

マイナビ薬剤師について詳しくはこちら

もちろん、転職・求人サイトを利用する方の目的やライフスタイルによっても選び方はさまざまだと思います。ですので例えば、できるだけ多くの求人案件を紹介してほしいという場合には、薬剤師ではたらこ年収・待遇をアップしたいという場合には、リクナビ薬剤師といった感じで転職・求人サイトを選択されても良いでしょう。

もし、どうしても転職・求人サイトを選びきれないという場合は、複数の転職・求人サイトに登録するのもひとつの手だと思います。実際に登録し利用することにより、自分に合った転職・求人サイトが見つかるはずです。

薬剤師の転職事情

yakuzaisi02

薬剤師の就業人数について

調査が開始された1982年から現在まで、なんと1度も就業人数が減少していません。
年々増加し、現在では薬剤師の数が28万人にも達しています。
男女比は男性4割、女性6割となっています。
毎年平均して3,000人から5,000人ほど増加していて、需要の多い職業といえるでしょう。

薬剤師の就業先とは

薬剤師の就業先で、最も多いのは薬局。
約15万人で全体の54%を占めています。
次いで多いのが、病院や診療所で約5万人。全体の18%を占めています。
その次が医薬品関係の企業での研究・開発で、4万5,000人。全体の16%です。

この3つの職種で薬剤師の就業先の9割を占めます。
その他には、大学への勤務で研究・教育にあたる人、衛生行政機関に勤める人などがいます。
近年は薬局への就業者が増えているのに対し、病院や診療所の就業者は横ばいです。

薬剤師は30代40代が中心

薬剤師の年齢分布を見ると、30歳から39歳が最も多く、7万人以上となっています。
約全体の25%にあたります。
次いで多いのが40歳から49歳で6万6,000人。
全体の23%となっています。
一方、20代に目を向けてみると約4万人となり、全体の14%にとどまっています。

転職先の候補とすべき地域は?

薬剤師が人口に対して充実している地域は、下記の通りです。

  • 東京
  • 神奈川
  • 大阪
  • 兵庫
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀

これらの地域は人口に対して全国平均以上の薬剤師がいるため、就職がやや難しいかもしれません。

ただ東京や神奈川、大阪など人員の入れ替わりの激しい地域や新設された薬局が多い地域では、今なお薬剤師を必要としていることは間違いありません。

逆に人口あたりに薬剤師が不足している地域は下記の通りです。

  • 青森
  • 岩手
  • 山形
  • 福島
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 新潟
  • 福井
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 島根
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

特に人口が多いのにも関わらず薬剤師が不足しているのは、埼玉と愛知でしょう。
もし勤務先として検討できるならば考慮しても良いですね。

有効求人倍率は6以上

薬剤師は資格を持った専門職といえる仕事で、それゆえ医療機関にとって人員確保が非常に難しいです。
他の職業とは違って有効求人倍率が非常に高いです。医師や薬剤師は6.4以上となっている年が多く、求人が充実しています。
十分に吟味にして就職先を選ぶことができるでしょう。

まとめ

以上、薬剤師の転職事情について紹介しました。
薬剤師の転職は他の職種に比べて求職者が少ないですから、ライバルもあまりいません。
むしろ求職者有利な状況と言えますから、待遇面は遠慮せずエージェントに要求した方が良いでしょう。
近年有効求人倍率から見ても「薬局が薬剤師を選ぶ」というより、「薬剤師が薬局を選べる状況」です。
しっかりと吟味して比較検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師向け転職・求人サイト人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】マイナビ薬剤師

      マイナビ薬剤師は安定感のあるサイトで、2年連続で薬剤師転職支援サービスの満足度1位を獲得しています。マイナビ薬剤師は、特に働きながら次の職場を探している人や、より高条件の職場を探している人に向いています。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】リクナビ薬剤師

        リクナビ薬剤師は、リクルートが全力でサポートしてくれる薬剤師転職サイトです。 総求人数が約35000件以上で業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストアや病院まで網羅しています。 選りすぐりの非公開求人にはリクルートグループでしか見つからないものもたくさんあります。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】薬キャリ

          薬剤師の転職支援サイトは数多くありますが、この薬キャリはその求人数と情報の早さで他のサイトよりも大きく優れています。 薬キャリのメールサービスの登録しておけば、いち早く情報をゲットできるので、ライバルたちに先んじて求人先の情報を収集することができます。 薬キャリは確かなスキルと実績を持っている薬剤師の方にこそオススメしたいサイトです。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        公式Facebookページはこちら!

        関連記事

        facebook

        人気No.1転職エージェント

        ページ上部へ戻る