転職でヘッドハンティングに合う人材とは?日本は違う?

転職業界で「ヘッドハンティング」という言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。

一般的なイメージでは、「引き抜き」という印象ですね。
前職との契約を放棄して、すぐに違う職場で働くというイメージです。

海外ではこういった例もあるようですが、日本ではそういった強引な手法はほぼありません。
日本版のヘッドハンティングは、どういったケースであるのか見ていきましょう!

日本版のヘッドハンティング

日本では大手企業に勤めているごく一部で、関係者が声をかけてきて勧誘するという例はあるようです。

しかし、それもほとんどありません。
もし勧誘があったとしても、「一緒に働かない?」というお誘い程度で、契約書云々の話はあくまでも本人次第になります。

ましてや、強引に引き抜いたりしたら就業規則違反になって問題になる可能性もありますからね。

日本でヘッドハンティングが起こる場合は、特定のところに名前が載った場合です。

特定のところとは、転職意思を示した転職サイトへの登録です。
有名なところではキャリアカバービズリーチなどがあります。

こういった求人サイトにはヘッドハンティングも在籍していて、求職者のデータが全てヘッドハンターに伝わるような仕組みになっています。

[参考]【高収入・30〜40代】ハイクラス向け転職・求人サイト徹底比較

ヘッドハンティングの手法とは

ヘッドハンティングには2つの方法があります。

まずは特定型

ヘッドハンターは企業からの要望を聞き、特定の人材をヘッドハントしていきます。
そしてその条件が、

  • ○○系列の会社に勤めていた人
  • ○○の業界を知っている人

などと指定しているケースがあります。
こういった条件に、もし自分があてはまっていればそれだけでヘッドハント対象になります。

ですから、ヘッドハントされて面接に行ったら、自分のことをよく知っている人なんて事もありえます。

もう一つは条件型

人材を求める企業側からのリクエストにマッチした人材をヘッドハントするという方法です。
どちらかというと、こちらの手法の方が多いです。

ただ、まだ人となりがよくわからず、すべての面で企業側の希望が通った人物というわけではないので、面接によっては採用を見送られてしまうこともあります。

ヘッドハントというより、スカウトに近いかもしれません。
声がかかった後は自分の希望する時期で転職できますし、待遇面も考慮してくれます。

ヘッドハンター経由だと対等な立場になれる

一般的な転職のイメージでは、企業側が「採用してあげよう」と上から目線になってしまう部分があります。

しかし、ヘッドハンター経由だと、「ぜひともウチの企業で働いて欲しい」と、むしろ企業側から下手に出るケースも多いです。
そのため、条件面の話し合いも求職者の希望が通るケースが多いです。

もちろんヘッドハントされたからといって、高圧的な態度に出たり、無謀な条件を提示してしまったら簡単に断られてしまう可能性もあります。

ただ、「面接というより話し合い」という状況になりやすいのがヘッドハント経由の特徴です。

ヘッドハンティングは一般採用とは別枠

ヘッドハンティングは、とにかくその人材が欲しいと考えていますから、通年通じてマークしています。

ということは、転職時期はいつでもOKということ。
一般的には2月や3月、あるいは10月などで転職は増えますが、そういった状況にとらわれる必要がありません。

自分が転職したいと思った時期に、ヘッドハンターが在籍する転職サービスに登録する形で問題ないでしょう。
魅力ある人材と思ってもらえれば、すぐに声がかかるはずです。

まとめ

以上、日本のヘッドハンティングについて紹介しました。
ヘッドハンティングを受けるには管理職としての経験、あるいは高年収で働いていたなどの実績が必要です。

能力の高さが最大のポイントになりますから、そういったことを職務経歴書などに記載しておくと、ヘッドハントされやすくなります。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】マイナビエージェント

      マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】DODA

        DODAはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。なんといっても転職率が他社に比べかなり高いのが魅力ですね。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】ビズリーチ

          ビズリーチは、国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。 ビズリーチ最大の特徴は、有料プランがあるところ。ハイクラス会員の場合、年収1,000万以上の求人ばかりです。某転職サイトの利用動向調査では、年収600万円以上の方に支持される転職サービスとしてNo.1に選ばれています。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る