転職を伝えるタイミングはいつ?

転職をしたい、転職先が決まったという時に今の職場へは退職の意志を伝える必要が発生します。
今の職場が嫌になって辞めるといっても、いきなり職場から姿を消すように辞めてしまうのは、周囲に迷惑がかかりますし、最悪訴えられることもあります。
またつながりのある業界内で転職をする場合は、前の職場から悪評が伝わることもありますし、前の職場の人間関係を保っておけば、それがプラスになることもあります。
では円満退職をするには、転職をいつ伝えればよいのでしょうか。

最低1ヶ月前、できれば1ヶ月半前には伝える

まず転職が決まった、また転職をしたくなったときには会社に退職のシイを伝えます。
法律では退職の意志は最低2週間の期間があれば問題ないことになっています。会社には労働者がやめたいと行った時に、引き止める権利はありませんし、日本国民には憲法で職業選択の自由が保証されています。

しかし2週間、実質10日の営業日では、会社側も後任の担当者を決めることが困難ですし、新しい人材を採用する活動をしなければいけないでしょう。そこで職場に迷惑をかけないタイミングとしては、最低1ヶ月前に伝えるのがベターです。
次の転職先も、その程度の入社までの時間があることは織り込んで採用活動を行っているので、特に新しい転職先に「早く入らないと評価が悪くなるのではないか」と遠慮する必要はありません。
しかし1ヶ月でも実際には会社側はなかなか厳しいもの。できれば1ヶ月半ぐらいの余裕を持って伝えられるとベストです。

引き継ぎの準備は自分でしっかりしておく

転職が決まったら、今いる会社で対象の準備をしなくてはいけません。会社から貸与されたもの、制服やパソコン、文房具や筆記具、名刺などもきちんと返却できるようにまとめます。
そしてもっとも重要なのが、新規担当者への現在の業務の引き継ぎになるでしょう。
営業をしていたら、引き継ぎの書類だけではなく、営業先への挨拶も必要になってきます。

また定期的に物品の購入などをしている部署の場合は見積もりや契約、暗黙の了解で担当者同士の合意で行っているような部分も、きちんと明文化をしなくていけません。
会社が忙しい場合は、新規の担当者がなかなか決まらない場合もありますや、その前から自主的に動いてしっかりと引き継ぎ用の資料を作成しておきましょう。
引き継ぎはいつも満足できるとは限らず、退職後も古い職場から連絡がある時があります。そのようなときも前の会社まで行かずに対応できるよう、資料はしっかり作り込みましょう。

直属の上司にまず伝える

転職が決まって退職の意志を伝えるのは当然上司になります。上司と言っても直属の上司と、その上の上司例えば課長と部長がいるケースが多いでしょう。
その場合は直接部長に伝えるのでなく、直属の上司である課長や係長に伝えるようにしましょう。
いきなり課長ではなく、その上の部長に伝えるとなると課長の面子を潰すことになります。

もちろん課長に不満があり、部長に伝えたいという考えがあれば部長に直接伝えても良いでしょうが、基本的には直属の上司に伝えて、上司から更に上に伝えて支持を仰ぐ形になります。
その後引き継ぎや退職日、その他の手続などについて話し合うことになるでしょう。

まとめ

転職が決まっても、それで終わりではなく、今の職場に対する配慮をするのが大人としてのマナーになります。
立つ鳥跡を濁さずということわざがありますが、転職に関してもそのとおりであり、人の縁はどこでつながるかわからないものです。
前の会社とも関係を切らずに住むように、迷惑をかけず十分に引き継ぎの余裕があるように退職を伝えるタイミングを選びましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】マイナビエージェント

      マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】リクルートエージェント

        リクルートエージェントの求人の量は国内一。その求人数はなんと約100,000件!そのうちの9割は非公開求人です。 リクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも同時に利用することができるようになります。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】DODA

          DODAはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る