一般の人が転職でヘッドハンターに声を掛けられる可能性とは?

ここでは一般の人が転職活動でヘッドハンターに声をかけられる可能性について探っていきます。
一部の転職サイトではヘッドハンターが在籍していて、魅力的な経歴の持ち主には声をかけてくるというケースがあります。

ただ、なかなか一般の人まで声をかけてくるイメージもないかもしれません。
そこでヘッドハンターはどんな人にターゲットを絞って、声をかけてくるのか検証していきます。

ヘッドハンターの狙い

ヘッドハンターは有能な人材をスカウトして、企業に招き入れようとする仲介役の役割を担います。
ヘッドハンターは依頼を受けた企業から「こんな人材をスカウトしてきて欲しい」、と事前に伝えられています。
それに合うような人材を転職市場で狙っています。

特に傾向として多いのは、世界をまたにかけて活躍しているような会社の社員。
外資系企業で活躍している人などは、特にヘッドハンターのターゲットになりやすいです。

ヘッドハンターのターゲットになりやすい人材をまとめてみました。

  • 同業種で10年以上のキャリアがある
  • 30代から40代の向上心に満ちた人
  • 大手企業や上場企業での就業経験がある人
  • たくさんの企業の伝手のある人
  • その業界の先頭に立つような人材ほどスカウティングされやすいです。
    また組織改革や経営の建て直し経験がある経営コンサルタントはターゲットになりやすいです。

    逆に言うと、多くの人が経験しているような仕事だとスカウティングされにくいです。
    サービス系、接客系は残念ながらヘッドハンターの対象になりにくいのが現状です。

    ヘッドハントされやすい職種とは

    ヘッドハンティングする目的は、代えの利かない人材であること。
    その人だからこそ成し遂げられる業務やアイディアが重要になるので、他に代わりが利くような人材はスカウトの対象となりません。

    ヘッドハントの対象となりやすい職種は、企画営業やエンジニア、プロデューサー、コンサルタントなどです。

    こういった職種で10年以上のキャリアがある人は、経験の浅い人では持つことのできない人脈や知識をすでに保有しています。
    クライアントとのやり取りや交渉に慣れている人がとくに重宝されます。

    ちょっと分かりやすく、日本サッカーの強化部の人材で例えてみましょう。
    例えば日本でサッカーのキャリアを終えた選手と中田英寿選手。
    どちらが日本のサッカー強化部に就任したほうが強くなると思いますか?

    中田さんが就任したほうが世界の選手との交流もありますし、伝手もあります。
    有名な監督を連れてくることも可能でしょうし、世界の強豪国と練習試合を組むこともできるでしょう。

    このように1人の存在によって、周りとの結びつきが大きく変わる可能性があります。

    これは一般企業でも同様。
    有望な人材が加わることで、これまで以上に交渉がスムーズにいき、活性化します。
    職場に変化を加えられる人材をヘッドハンターは望んでいます。

    ヘッドハントとスカウトは違う

    転職活動していると、一般の方でもスカウトメールが届くことがあります。

    「スカウト」という響きが非常に魅力的ではありますが、実際はヘッドハンティングとは全く異なるもの。

    ヘッドハンティングの場合は希望すれば、ほとんど入社できるような状況です。
    むしろ条件面など、求職者の方が優位に立っているぐらいです。

    一方、スカウトは「もしよければうちの会社の面接を受けてみませんか?」という程度のもの。
    この段階で内定しているわけではありませんし、「うちの会社に興味を持ってくれたら嬉しい」という程度にしか過ぎません。

    実際、スカウトメールを受け取って面接に望んでも落ちてしまうことがありますからね。
    最近のスカウトメールは人材をかき集めようと思って、不特定多数の人にメールを送っている企業もあります。

    あまりあてにならないので、スカウトメールは内定云々とは別物と考えておいた方が良いです。

    なおヘッドハンティングを受けるには、どの転職サイトでも受けられるわけではありません。
    ビズリーチキャリアカバーなど一部の企業に限られますので注意しましょう。

    Sponsored Links

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ハイクラス向け転職・求人サイト人気ランキング!

    • 1410061

        【1位】DODAエクザクティブ

        DODAエクザクティブは、ハイクラスの案件のみを取り扱った転職サイトです。 DODA自体は一般的な企業を紹介している転職サービスですが、「エクザクティブ」と付くと、ハイクラスのみを扱っているサービスに変わります。 「未経験者が就職したいというより、現場責任者、経営戦略、経営者に携わってみたい」という人が利用すべき転職サイトです。
        詳細を見る
      • 1410061

          【2位】リクルートCareerCarver(キャリアカーバー)

          リクルートCareerCarver(キャリアカーバー)は、大手のリクルートグループが運営しているハイクラス向けの転職サービスです。 楽天や三菱電機など多くの大手企業の案件を取り扱っています。 リクナビNEXTなどと違って、ヘッドハンターからのスカウトがあるのがCareerCarverの特徴。 あなたのレジュメを見たヘッドハンターが高待遇にある求人の紹介することがあります。
          詳細を見る
        • 1410061

            【3位】JAC Recruitment

            ハイクラス向けの転職サイトはいくつかありますが。その中でも海外支店の求人が多いのがJAC Recruitmentの特徴です。 外資系企業や日系企業など、海外に支店を置く企業の求人も多いです。 全世界を対象とした求人があるわけではありませんが、主にアジアの求人は充実しています。
            詳細を見る

          注目の記事はこちら!

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る