転職で通過率がダウンする履歴書・職務経歴書の書き方を紹介!

ここでは履歴書や職務経歴書の書き方で通過率がダウンしてしまいやすい例を紹介。
ついつい皆さんもやってしまいがちなことがあるはずです。

採用担当者の意見を集め、どんなポイントを重視して書類審査が行われているのか検証しました。
なかなか書類審査に通らないという人はぜひチェックしてみてください!

空欄があるだけでNG

履歴書はできる限り空欄を埋めるのが必要最低限必要なことです。
資格は何もないと記載できませんが、職業と関係ないもの(自動小型二輪など何でも良し)でも記載しておきましょう。

自己PR や趣味の欄など経歴にかかわらず、自力で埋められるところを埋めていない場合は高確率で、書類選考で落ちます。

空欄があると「アピールしよう」という気概が感じられないので不採用となります。

また空欄はなくても、箇条書きのように書いてしまうと、空白が目立つのでそれもお勧めできません。

例えば趣味の欄があっても、一言、「野球」と書くのではなく、「学生時代から続けていて今も続けています。継続することで仲間も増え、体力も付き、自分にとって大切なものです」などと記載すると、良い印象を与えることができます。

ありきたりな志望動機

世の中には志望動機のテンプレートが氾濫しているので、それを抜粋して書いている人もいます。

採用担当者は応募者の履歴書を何十通も何百通も目を通してきているので、ありきたりな文章の志望動機だと一発で見抜かれます。

何とか書けばいいかわからないという心理から、ついつい真似してしまう人がいますが、それはやめましょう。
必ずその企業のこと調べて、どんな点が魅力に映ったのか書かないと不採用となってしまう可能性が高いです。

例えば、「御社の経営理念に惹かれて応募いたしました」といっても全く相手に響きません。

どんな経営理念に惹かれたのか、具体的にどんな取り組みが魅力に感じたのか書かないと意味がないです。

「正しい志望動機サンプル」などがあっても、オリジナルの文章に勝るものはありません。

抽象的な表現になっている

これも採用担当者に言わせると非常に多いパターン。

例えば、

「御社の取り組みが自分にとって仕事のしやすい環境だと思った」
「御社の経営スタイルなら自分の経験が生かせると思った」
「将来を見つめた時に御社で働くのは、とても魅力に感じた」

こういった発言は具体的に「何が」という部分が欠けているので、ぐっと胸に響きません。
もっと露骨なまでに具体例を挙げて、希望を伝えた方が良いです。

「御社でヒットしている○○はどのように誕生したのか、というところから興味が出て、御社の取り組みについてさらに詳しく調べました。そして遊びからヒントを得た作業工程が非常に楽しく、是非自分もその環境で働いてみたいと思いました。」

などと伝えると、「ほんとにこの人は我が社に興味を持ったんだな」という伝わります。

自分中心の文章

履歴書は自分の事を伝える資料になりますが、それと同時に「相手のこともちゃんと調べているか」ということも見ています。

例えば、自己PRで100%自分のこと中心に書くのは、あまり魅力的ではありません。
自分の魅力を語った上で、「どんな部分が会社とマッチしているのか」といった視点も必要です。

自分にしか興味がないような自己中な文章は、第三者から見るとちょっとうんざりしてしまうことがあります。
履歴書の中でいろいろな項目があって、自己PRの欄だけやけに文章が長いと、ただの自己顕示欲の強い人という印象を与えます。

自分がやってきたことに自信を持っているなら、職務経歴書の仕事内容や実績のところもしっかり埋めましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】マイナビエージェント

      マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】リクルートエージェント

        リクルートエージェントの求人の量は国内一。その求人数はなんと約100,000件!そのうちの9割は非公開求人です。 リクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも同時に利用することができるようになります。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】DODA

          DODAはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る