会社のことをろくに調べもせずに面接を受けてしまったのが失敗の始まり

事業が失敗し、転職することを決意

私は以前に建築関係のコンサルタントをしており主にマンションの改修工事に於ける改修費用のコンサルタントをしていました。

マンションラッシュと言われて次々と建てられたマンションも、もはや建築年数が30年を越える建物が数多く溢れだし、仕事は順調にいくと思っていたのです。

しかし、大手の建設会社はそう言った事に敏感であっという間に私のコンサルタントの収入は激減し、事業の失敗を経験する事になってしまいます。

それでも何とかやり直そうと意欲もあったのですが子供もまだ小学生とあって転職をする決意をしました。

会社のことをろくに調べもせずに面接を受けてしまったのが失敗の始まり

それからネットと求人誌を読みあさり、なんとか家計を維持していけるだけの給料を貰える所を探しますが、建設関係はこの当時はもう下火になっていて異業種への転職しかなかったのです。

やっとの思いで面接が決まったのはエネルギー関係の営業という営業会社でした。

とにかく早く仕事を見つけなければと思いその会社の事をろくに調べもせずに面接を迎えます。

私の失敗はまさにこの点にあったのです。

今の時代はほとんどの事がネットを通じてある程度の情報を得ることが出来ます。

そしてある程度の企業の事業内容等も知ることが出来ます。

私はその大事な事をろくにせずに面接をしてしまったのです。

就職した会社は、いわゆるブラック企業だった

詳しくは後に書きますが、その面接で私はあっさりと内定を貰う事が出来ました。

しかも次の週から勤められるという話です。

面接の担当者が最後に質問は無いですか?と聞かれても仕事が決まった喜びで思わず何もありませんと答えてしまいこの事も失敗へと繋がっていくのです。

出勤初日に私は先輩社員に教えられて、営業という仕事を初めから教えられるのですが、なんとか初日が終わり時計を見るとすでに夜の11時を過ぎていました。

朝の9時から考えると異常な程に長い勤務時間ですしここではこれが普通だと言うのです。

辞めたい気持ちもありましたがまた職探しとなれば家の家計も苦しくなる事は分かっていた為にその後も3年勤める事になるのですが、この会社はいわゆるブラック企業の1つだったのです。

従業員の数や事業所等も含めて調べてみる事が大事だった

私の失敗は先に述べたようにまず会社を調べる事をしませんでした。

面接を受けるに当たり必要なのは会社がどの様な事業をやっていて従業員の数や事業所等も含めて調べてみる事が大事だったのです。

それを調べていくと事業所の増え方や、逆に減り方等と経営の安定さといった事がおおまかでもわかります。

私の勤めた会社は1年で営業所を10ヶ所増やしていましたが同年で6ヶ所も閉鎖されていた事を後になってわかりました。

その位に経営は不安定な会社だったのです。

説明がなかったものに対しては質問する事が大事だった

そしてもう一つの失敗は面接時の会社への質問です。

給料の支給日や休日日数、残業の有無等とにかく説明がなかったものに対しては質問する事が大事だったのです。

この質問が無いという事は相手にしてみると納得の上で入社したとみなされてしまい、長時間の残業にしても納得済みとされて、営業は基本的に残業手当が出ないというあり得ない結果になってしまったのです。

しかし、今さら気が付いても何としても何ヵ月分の生活費が無ければ辞める訳にもいかずに本当に辛い毎日でしたが必死に乗り越えてきました。

今思えば過労死と言う言葉も聞くことが少なかった時代でよく耐えられたと思っていますが、その頑張った気持ちは次の仕事へ生かせる事が出来ています。

転職を考える時は、会社の事をきちんと調べた上で応募する事が大事

転職を考える時、私は会社の事をきちんと調べた上で応募する事が大事だと思いますし質問内容も細かい所まで聞くことがトラブル防止に繋がると思うのです。

それでも大きな失敗はまさに成功へのチャンスでもあり今はきちんと安定した生活を送れるまでになりました。

例え転職を失敗したと思っても歯を食い縛って頑張ってみる事も次のステップへ繋がっていく事になると思っています。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】DODA

      DODAはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】リクルートエージェント

        リクルートエージェントの求人の量は国内一。その求人数はなんと約100,000件!そのうちの9割は非公開求人です。 リクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも同時に利用することができるようになります。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】マイナビエージェント

          マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る