転職において退職理由は採否の大きなポイント

転職活動における面接は退職理由を必ず聞かれます。志望動機は聞かれなくても退職理由だけは必ず聞きます。
そしてこの退職理由が原因で、経験も資格もある人が不採用となるケースもあります。何故そこまでこだわるのでしょうか。

退職理由を確認する2つの目的

トラブルメーカーを避けるため

退職理由にこだわる最大の理由と言えるのが、トラブルメーカーとなる恐れは無いかどうかの確認のためです。例えば前職場でトラブルを起こしたり会社に損害を与えたりして解雇されたようなケースは、まず不採用となります。
これは同様の問題を起こされては困るという防衛本能が働くからです。

同じ様に「やりたい仕事をさせてもらえなかった」「自分の意見が正しいのに取り入れてもらえなかった」というような自分勝手と思われるような理由での退職も敬遠されます。

早期離職を避けるため

人を一人採用するには想像以上に費用と時間が掛かります。そうして確保した人材があっさりと短期間で辞められては相当な痛手になります。そうならないような人物かどうかを判断する目的から退職理由を確認します。

例えば人間関係を理由に挙げる人は同じことが起きる可能性もあります。待遇面を理由に挙げる人はより待遇のいい求人を見れば気持ちが動く可能性もあります。
履歴書で自己都合の退職が何度もあると確認されれば採用選考では相当慎重に検討されることになります。

表現方法が採否を分ける

とはいえ生活の糧である仕事を辞めるわけですから、何等か嫌な事情があったことは確かです。ポイントはそれをどう伝えるか、です。

出来るだけ簡潔に述べる

面接全般に言えることですが、必要無いことまで喋らないことが大切です。例えば残業が多過ぎて退職した場合、「急激に残業が増え、このままでは体調を崩してしまいかねないので相談のうえ退職することになりました」程度で留めましょう。

「上司の管理能力に問題があるうえに部下もロクに仕事を覚えられないので、結果私のしわ寄せが来てしまい・・」などと言っては、もはや単なる悪口で印象は最悪なものになってしまいます。

感謝の気持ちを付け加える

例えば人間関係が原因で退職した場合、「上司を合わなくて辞めました」とするより「一から指導していただいて有難かったのですが、どうしても合わない上司がいて辞めることにしました」といったように一言感謝の意を示すことで聞こえ方がかなり変わって来ます。
いろいろと事情はあったでしょうが、給料を貰って生活出来たわけですから一言でいいので感謝の言葉を付け加えてみましょう。

気持ちの整理を付けてから

退職理由と併せて採用側が気にするのは、理由そのものとは別に「退職をどう受け止めているか」という点です。

後ろ向きではいい結果は生まれない

退職の理由によっては気分が落ち込むこともあります。しかし転職を成功させるにはこの気持ちを切り替えることが不可欠です。気持ちが後ろを向いたままでは表情も冴えないでしょうし、採用側も明らかに吹っ切れていない様子が伺えると採用を躊躇します。
多少時間を掛けてでも気持ちをリセットしてから臨むことが必要です。

「これもいいキッカケ」と前向きに

これはかつて転職支援をした人の言葉です。この人は不本意な理由で退職を余儀なくされたのですが、「あのまま留まっても決していい結果にはならなかった。嫌な思いもたくさんしたけど、これもいいキッカケと思って前向きに考えます」と言われました。その結果短期間での転職を果たすことが出来ました。

もちろん運やタイミングも良かったのでしょうけど、やはり前向きな気持ちが面接官にも伝わったのだと思います。転職とは、単に職場が変わるだけに止まらず生活そのものを一変させます。新しく生まれ変わるくらいの気持ちで臨めば、きっと上手く行くと思います。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】マイナビエージェント

      マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】リクルートエージェント

        リクルートエージェントの求人の量は国内一。その求人数はなんと約100,000件!そのうちの9割は非公開求人です。 リクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも同時に利用することができるようになります。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】DODA

          DODAはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る