【高収入・30〜40代】ハイクラス向け転職・求人サイト徹底比較

ここでは高収入が期待できるハイクラス向けの転職サイトを紹介していきます。
特に1,000万以上の年収となると、取り扱っている件数も少なくなります。
ハイクラス向けの求人を多く取り扱っている転職サイトをピックアップし、その特徴をまとめました!

ハイクラス向け転職サイト 比較表

転職サイト名 求人数(非公開求人数) 特徴
DODAエグゼクティブ 約15,000
  • 「未経験者が就職したいというより、現場責任者、経営戦略、経営者に携わってみたい」という人にオススメ
  • 経歴によって8割がた紹介してもらえる案件数が決まる
リクルートCareerCarver(キャリアカーバー) 約6,000
  • 楽天や三菱電機など多くの大手企業の案件を取り扱っている
  • ヘッドハンターからのスカウトがある
  • 7割以上が、年収1,000万円を超えている
JAC Recruitment 約7,000
  • 海外支店の求人が多い
  • 年収は500万円から800万円程度の求人が充実している
  • 500名以上コンサルタントが在籍している
クライス&カンパニー 約10,000
  • 30代を中心とした人材に力を入れている
  • GCDF資格を所有したコンサルタントが非常に多い
  • マネージャークラス以上の非公開求人が多い
  • 適性検査やカウンセリング、トレーニングプログラムに力を入れている
ビズリーチ 約57,000
  • 有料プランがある
  • 高収入の案件だけに絞って転職支援している
  • ヘッドハンターがいる
ミドルの転職 約37,000
  • 年収1,000万円クラスの求人情報がたくさんある
  • 求職者の平均年齢が高い
  • 「役職に就いたものの、いまいち年収もアップしない」という人におすすめ
  • 担当するエージェントを求職者が選べる

ハイクラス向け転職・求人サイト

silver

DODAエグゼクティブ

dodaex01

DODAエクザクティブは、ハイクラスの案件のみを取り扱った転職サイトです。
DODA自体は一般的な企業を紹介している転職サービスですが、「エクザクティブ」と付くと、ハイクラスのみを扱っているサービスに変わります。
「未経験者が就職したいというより、現場責任者、経営戦略、経営者に携わってみたい」という人が利用すべき転職サイトです。
年収でいうと800万円から1,100万円にアップしたという人もいるので、必ずしも役職に就いていないと利用できないというわけではありません。

DODAエクザクティブの特徴として、自分から応募することができないということ!
登録後にエージェントからオファーがあって、初めて検討できます。
つまり経歴によって8割がた紹介してもらえる案件数が決まるということです。
紹介してもらった後は、企業に関する情報を自分で分析し、応募するかどうかを決めます。
応募する意向を転職エージェントに伝えた後、エージェント側が企業にあなたを推薦し、面接に進むという流れです。

年収査定では過去186万人の転職データからキャリアについて細かく分析し、年収を査定しています。
これにより自分がどれぐらいの年収が適正なのか、判断できます。
もしそこで800万円以上の価値があると判明すれば、ぜひDODAエクザクティブサービスを利用して、転職を積極的に行ってみてはいかがでしょう。

DODAエクザクティブについて詳しくはこちら

gold

リクルートCareerCarver(キャリアカーバー)

career01

リクルートCareerCarver(キャリアカーバー)は、大手のリクルートグループが運営しているハイクラス向けの転職サービスです。
楽天や三菱電機など多くの大手企業の案件を取り扱っています。
CareerCarver自体は2014年から始まったサービスなのでまだ歴史が浅いですが、リクルートグループが15年以上にわたって培ったノウハウやコネクションを活かし、開設されています。

リクナビNEXTなどと違って、ヘッドハンターからのスカウトがあるのがCareerCarverの特徴。
あなたのレジュメを見たヘッドハンターが高待遇にある求人の紹介することがあります。
また、ヘッドハンターはこちらから指名することも可能です。
過去にどんな転職事例に関わっていたのか知ることもできます。

2014年に開設されたサービスですが、リクルートグループがもともと所有している案件がCareerCarverで紹介されていることもあり、求人数はすでに4,000件を超えています。
そしてその4,000件の7割以上が、年収1,000万円を超えているという高待遇です。
それ相応の人材を求めていますので、相当なスキルが無い限り、ヘッドハンターから誘いが殺到するということはなかなか無いです。
リクナビNEXTのように、あっさりとスカウトメールが届くという感覚ではないので注意しましょう。

リクルートCareerCarver(キャリアカーバー)について詳しくはこちら

gold

JAC Recruitment

ハイクラス向けの転職サイトはいくつかありますが。その中でも海外支店の求人が多いのがJAC Recruitmentの特徴です。
外資系企業や日系企業など、海外に支店を置く企業の求人も多いです。
全世界を対象とした求人があるわけではありませんが、主にアジアの求人は充実しています。
海外で実際に働くことを想定とした求人も多いため、英会話スキルを求めている求人も多いです。

JAC Recruitmentで特に求人が多い業界は機械、自動車、部品関連です。
海外支社を設け、そこで製造を行う企業も多いため、現地スタッフを募集していることがよくあります。
現地での製造管理職や営業職、人事部門など多種多様な職種の募集があります。

日本国内が勤務地となる外資系企業の求人もたくさんあります。
年収は500万円から800万円程度の求人が充実しています。
中には1000万円を超える求人もいくつかあります。

JAC Recruitmentの転職支援サービスの拠点となっているのは東京、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸の7つです。
500名以上在籍しているコンサルタントがJAC Recruitmentの強み。
自分の経験や能力に合った人を紹介してもらえるので、ミスマッチが少ないと人気を博しています。

JAC Recruitmentについて詳しくはこちら

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーはハイクラス向け転職サービスの中でも、特に30代を中心とした人材に力を入れているサービスです。
クライス&カンパニーで転職が決まった人のうち、30代が60%を占めています。
30代は行動力と経験が最も充実している世代と考えられ、企業側が求めているターゲット層になります。

クライス&カンパニーで紹介している求人は、年収1000万円以上のものがあり、中には4000万近い求人も!
マネージャークラス以上の非公開求人が多いのが特徴です。
クライス&カンパニーは公開している求人が25%、非公開求人が75%を占める転職サービスです。
そして、他にはないクライス&カンパニーの特徴がGCDF資格を所有したコンサルタントが非常に多いということ。

GCDF資格はキャリアカウンセラーの国家資格のことで、これは日本にとどまらず世界でも認知されている資格になります。
GCDF資格は日本以外にアメリカ、カナダ、ドイツ、など様々な国で採用されているグローバル資格。
この結果、海外での事業を展開している外資系企業からも評価が高まり、様々なクライアントがクライス&カンパニーから人材を確保していることがわかっています。

クライス&カンパニーは経験が浅い方だと登録が難しい状況ですが、一定期間キャリアを積んでいれば登録可能です。
また、他の転職エージェントより適性検査やカウンセリング、トレーニングプログラムに力を入れているのも特徴。
ハイクラス向け転職エージェントの中でも、特にエージェントの質の高さを感じられる転職サービスです。

クライス&カンパニーについて詳しくはこちら

ビズリーチ

近年知名度をアップしているのがビズリーチです。
ビズリーチ最大の特徴は、有料プランがあること!
有料プランは、求職者が1か月分の利用料金を払います。
「求職中で収入がないのにお金を払うなんて信じられない!」という人もいるかもしれませんが、それを差し置いても登録する価値のある転職サイトです。
なぜなら、高収入の案件だけに絞って転職支援しているからです。

ビズリーチは無料プランと有料プランがあります。
ただ、無料プランでは最終的に応募するところまで出来ないので、実質有料プランの一択です。(無料プランは一部の求人情報の閲覧のみ可能)
有料プランは2種類に分かれ、タレント会員は1ヶ月1,980円、ハイクラス会員は1ヶ月4,980円です。

ハイクラス会員の場合、年収1,000万以上の求人ばかりです。
特に求人が多いのは管理職、営業関連。
こういった経験がある人は自分から応募しなくても、ヘッドハンターにより企業を紹介してくれる可能性があります。

ビズリーチではヘッドハンターがいる、珍しい転職サイトです。
全体として言えることは、「平社員としての経験ではなく、中間管理職以上の経験者が利用すべき転職サイト」ということ。
社会人としての経験が浅い人が利用しても厳しいです。
いくら利用料金を払ったとしても、いきなり高収入の転職にありつけるというわけではないので、勘違いしないようにしましょう。

ビズリーチについて詳しくはこちら

ミドルの転職

ハイクラス求人を多数抱えている転職サービスとして、エンジャパンが運営している「ミドルの転職」もおすすめです。
年収1,000万円クラスの求人情報がたくさんあります。

こちらのサイトは、求職者の平均年齢が高いという特徴があります。
利用者が最も多くなっている層は35歳から45歳です。
いわゆるミドル世代に特化した転職サイトです。
このサイトは「役職に就いたものの、いまいち年収もアップしない」という人におすすめの転職サービスです。

年収1,000万以上の対象者は部長・次長クラスになってくるので簡単ではありませんが、年収800万円以上なら係長や課長の経験でも応募できる案件が揃っています。
過去には有名どころだとMicrosoft、サントリー、日清食品、ユニバーサルスタジオジャパン、ネスカフェなどの案件を紹介してきました。

ミドルの転職では、担当するエージェントを求職者が選べるメリットがあります。
エージェントによって得意分野がありますから、過去に取り扱った業種や職種を見て、誰が良いのか選択していきましょう。
また各エージェントが担当している案件数も記載されています。

ミドルの転職について詳しくはこちら

まとめ

以上、ハイクラス向けの転職情報が充実しているサイトを紹介しました。
ハイクラスな案件の多さではビズリーチが有名ですが、有料というのがちょっとネックですね。
最初はリクルートCareerCarver(キャリアカーバー)JAC Recruitmentを利用し、様子見をするのも良いかもしれません。
数ヶ月経ってもなかなか自分の希望に合った案件が見つからなければ、ビズリーチも検討してみましょう。

いずれのサイトも登録した後、過去の経歴によって紹介される案件が大きく異なります。
十分な実績がある人は自信を持って登録しましょう。
大した実績がないと最悪の場合、登録さえ見送られてしまうこともあるので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイクラス向け転職・求人サイト人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】DODAエクザクティブ

      DODAエクザクティブは、ハイクラスの案件のみを取り扱った転職サイトです。 DODA自体は一般的な企業を紹介している転職サービスですが、「エクザクティブ」と付くと、ハイクラスのみを扱っているサービスに変わります。 「未経験者が就職したいというより、現場責任者、経営戦略、経営者に携わってみたい」という人が利用すべき転職サイトです。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】リクルートCareerCarver(キャリアカーバー)

        リクルートCareerCarver(キャリアカーバー)は、大手のリクルートグループが運営しているハイクラス向けの転職サービスです。 楽天や三菱電機など多くの大手企業の案件を取り扱っています。 リクナビNEXTなどと違って、ヘッドハンターからのスカウトがあるのがCareerCarverの特徴。 あなたのレジュメを見たヘッドハンターが高待遇にある求人の紹介することがあります。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】JAC Recruitment

          ハイクラス向けの転職サイトはいくつかありますが。その中でも海外支店の求人が多いのがJAC Recruitmentの特徴です。 外資系企業や日系企業など、海外に支店を置く企業の求人も多いです。 全世界を対象とした求人があるわけではありませんが、主にアジアの求人は充実しています。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        公式Facebookページはこちら!

        関連記事

        facebook

        人気No.1転職エージェント

        ページ上部へ戻る