40代での転職活動を長期化させない方法

長年就職・転職相談に応じて来ましたが、40代以降になると転職活動は一気に難しくなると実感しています。なぜなら若いうちは「経験が無くてもやる気があればいい」「知識が無くても素直さがあればじっくり育てるからいい」というように寛容な目で見てくれるのですが、40代ともなるとそんな甘くはないからです。
「経験や実績は?」「管理能力は?」「人柄は?ちゃんと職場に馴染むか?」「健康状態は?」「条件面で折り合うか?」等々、いろいろな角度から精査され本当にマッチすると思える人材でないと採用されません。ではどうすれば40代でも転職が上手く行くか考えてみましょう。

状況の変化に真摯に向き合う

転職活動ノウハウを熟知する

この年代の転職相談で多いのが職務経歴書作成に関する相談です。作り方が分からない、記載するほどの経歴が思いつかない、そもそも職務経歴書って何?といった感じで、大半が一から指導することになります。若い人だと自分なりに作成したものの添削を希望するケースが多いのですが、40代では作成すること自体に抵抗があるようです。しかし今の転職活動は職務経歴書抜きには進まないのが現状で、ここを面倒がっているようでは何も始まらないということを受け入れなければなりません。

面接においても同じ様なことが言えます。今は以前よりも身だしなみやマナーがより厳しく見られるようになっているのですが、自分と同年代か若い人が面接相手だろうと考え悪い意味で気楽に臨む人が少なくありません。こうした姿勢では当然不採用になってしまいます。今の時代に応じた対策をしっかり準備しておくことが肝心なのです。

環境の変化に対応する

これまでと同じ職種に転職する場合でも、職場が変わればやり方も変わるのでいろいろと変えないといけない部分が出て来ます。こうした状況を理解し対応する姿勢を持っておくことが必要となります。実はこの年代を新たに受け入れる際に会社側が最も気にするのが、この「環境の変化への対応力」なのです。いくら素晴らしい経歴があっても、自分の考えややり方を押し通そうとする人は職場の雰囲気を乱す人として扱われかねません。転職先では「郷に入れば郷に従う」の姿勢で勤めることを意識しておきましょう。

条件を見直す

給与条件の再検討

40代の転職を難しくしている最大の要因が給与条件との折り合いです。例えば新卒から同じ会社にずっと勤めている場合、40代ともなればそれなりの給与をもらっていたと思いますが、同じ給与水準の求人がどれだけあるか確認してみればよく分かると思います。基本的にこの年代での転職では給与は下がると覚悟しておいた方が賢明です。そのためにも家族でよく話し合い、最低ラインを把握して活動に臨むことが大切となります。

勤務時間・休日等の再検討

給与条件と同じように勤務スタイルについても前職と同様の条件を求めるケースが多く見受けられますが、ここも柔軟に対応するよう心構えが必要となります。確かに若い時ほど無理が利かなくなる年代ではありますが、そもそもが40歳未満を希望する求人が大半の中であれこれ条件を付けていては応募出来る求人そのものが限られてしまいます。

もちろん一切条件を付けるな、というわけではありません。ただ一番怖いのは条件にこだわり過ぎて活動期間が長期化してしまうことです。前職を離れてからの空白期間が長くなればなるほど採用側は敬遠します。相談者の中には1年以上活動期間を要した人も少なくありませんでしたので、ほどほどの条件で折り合いを付けられるように検討しておきましょう。

競合の少ないルートを活用する

知人からの紹介

多くの求職者の目に触れる転職サイトやハローワークの求人には当然多くの人が応募して来ます。ライバルが多くなれば年齢面での不利さがネックとなる可能性も高くなります。そこで効果的となるのが人脈を活かした活動です。友人・知人、取引先など声を掛けられる人には積極的に依頼をしておきましょう。

世の中にはわざわざ外部に募集を掛けないけど「いい人がいれば採用しよう」と考える潜在求人というものがあり、もしかしたら知り合いの人がこうした情報を持っているかもしれないのです。そしてこうしたルートは長年社会で貢献して来たこの年代だからこそ持ち合わせている強みでもあるのです。

転職エージェントの活用

実は最近の転職市場において40代以降の求職者が見直され始めているという動きもあるようです。経営競争が厳しさを増す一方の中、状況打破を目的に今の職場に無い知識や能力を持った人を求める会社が増えているというのです。しかしどの会社、どの求人がそうなのかはなかなか見極めが難しいところです。

そこで大きな味方になるのが転職エージェントです。彼らは日々多くの会社の採用担当者と直接やり取りをしているので、その人の経歴がどの会社なら活かせるかを判断することが出来ます。また現在求人を出していない会社に対しても、その人の経歴から貢献出来そうと判断すれば求人依頼を掛けてくれます。

転職エージェントを利用すれば事前にアピール材料を先方に伝えてくれるので自己PRが苦手な人でも安心して面接に臨めますし、面倒な職務経歴書の作成もサポートしてもらえます。ただし彼らからすれば利用者は「商品」です。商品価値をどう判断されるかで扱いが変わる可能性が有るので、事前に自身の価値を高めるようなエピソードなどを準備をしておくことが大切です。

[参考]みんなの評判は!?おすすめ転職エージェント徹底比較

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】DODA

      DODAはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】マイナビエージェント

        マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】リクルートエージェント

          リクルートエージェントの求人の量は国内一。その求人数はなんと約100,000件!そのうちの9割は非公開求人です。 リクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも同時に利用することができるようになります。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る