20代での転職活動を効果的に進める方法

転職は年齢が若いほど有利とされています。実際ほとんどの転職サイトが若者をイメージした作りになっています。その主な理由は、年下なので気を遣わずに指導出来る、自社の社風に染め易い、職場に活気が出る、あるいは比較的安い賃金で雇えるといったものが代表的です。
しかし若ければ誰でも採用されるというわけではありません。そこでより有利に転職活動を進めるためのポイントを挙げてみました。

習得した知識・技能を把握しておく

20代前半のケース

前回の就職活動は学生時代だったと思われる年代ですが、当時と同じような単なる憧れからの志望動機では通用しません。短期間とはいえ就労経験があるわけですから、実際に仕事をしてみて分かった自分の能力を絡めた志望動機にする必要があります。

同じように自己PRにおいても、学生時代のようにサークル活動やアルバイトでの経験に基づいたアピールではなくあくまで仕事上での体験からアピール材料を見つけなければなりません。ただ本音は「大したこと学んでいない」という人も多いでしょう。短期間で辞めるのですから当然です。しかし仕事においては、どんな状況でも向上しようとする姿勢が大切です。些細なことでもいいのでよく振り返りをしてネタを探すようにしましょう。

20代後半のケース

この年代になると四年制大学を卒業した者でも5年以上の就労経験があることになるので、前職での実績が重視されるようになります。どういった成果を挙げたのか、そこに至る過程までの取り組み内容はどうか、部下を持った経験はあるか、必要資格は取得しているかといった点です。より詳しく聴かれることになりますので、出来るだけ具体的に伝えられるようエピソードも交えて準備しておきましょう。

また前職とは違う職種に転職する際にも、前職の経験がどう活かせると考えているのかを伝えるようにしましょう。本人はまだ若いと思っていても会社側は一人前の社会人として見ていますので、単なる「やってみたかった」だけの志望動機では通用しないことを理解しておきましょう。

退職理由の伝え方を工夫する

早期退職に対する懸念

転職に対する抵抗が薄れて来たとはいえ、やはりこの年代で早くも転職をするということに抵抗を感じる担当者もいます。特に20代前半での転職者は「辛抱が続かないのでは」「仕事に集中せず他のことに関心が移り易いのでは」「前職場でトラブルを起こしたのでは」といった懸念が生じ易く、面接でもこの点を重点的に問われることになります。そのためこうした懸念を払拭するような退職理由を伝えるよう工夫しなければなりません。

ポイントは感謝の言葉

退職理由を述べる際のポイントは、決して前職場の悪口は言わず、前向きな退職であることを如何に伝えるか、という点です。「社会経験の無い私に一から指導していただき大変感謝しているのですが」といった言葉をクッション代わりに使用し「どうしてもこの仕事がしたかったので」「より自分の能力を発揮出来る環境で働きたかったので」といった表現で意欲的な転職であることを伝えるようにしましょう。

せっかく苦労して内定を得た職場を辞めるのですから当然不満はたくさんあると思いますが、それをそのまま伝えたのではビジネスパーソンとしては失格です。採用面接も自身を売り込む商談の場と考えれば、上手に言葉を扱う工夫も必要なのです。

転職エージェントを活用する

将来の可能性が広がる

生まれた時からインターネットが普及していた世代である20代は、求人情報や会社情報あるいは転職活動に関する情報もネットに頼りがちです。確かにネットを活用すれば短期間で多くの情報を得ることが出来ますが、一人だけでは十分に活用しきれないことも考えられます。また年齢的にも若いため世の中に対する視野が狭いといった不安材料もあります。

そこで頼りになるのが転職エージェントの存在です。彼らは転職支援の専門家であり様々な知識や経験を持っているのですが、特に20代の転職において効果的なのが、本人の気付いていない適性を指摘してもらえる点です。

転職エージェントは「会って、話をして、理解してくれる」存在ですのでネット情報のように一面だけからの理解ではなく、いろいろな角度から可能性を探ってもらえます。20代なら未経験職への転職も十分可能な年代なので、専門家のアドバイスを基に幅広い仕事にチャレンジすることが可能になるのです。

話をすることの大切さ

いくら転職に有利な年代とは言っても、希望の求人を不採用になることだってあります。最近の若者は失敗や挫折を経験する機会が少ないせいか、ちょっとしたことで落ち込み易いとも聞きますが、そんな時でも立ち直るきっかけを作ってくれるのも転職エージェントの存在です。
不安な気持ちを話したり、一緒に活動しているんだと感じることで次の求人に向かう勇気が出てくるものです。次の一歩を早く踏み出すことが早い内定に繋がるのです。

みんなの評判は!?おすすめ転職エージェント徹底比較

著者プロフィール

約12年間、某人材紹介会社にて勤務。キャリアコンサルタントとして転職希望者に対する支援や、法人営業として企業の採用手法の提案などを担当。現在は、フリーのキャリアコンサルタント、転職関連の雑誌やWebメディアにてライターとして活動。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】DODA

      DODAはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】リクルートエージェント

        リクルートエージェントの求人の量は国内一。その求人数はなんと約100,000件!そのうちの9割は非公開求人です。 リクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも同時に利用することができるようになります。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】マイナビエージェント

          マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る