転職活動における効果的な求人の探し方

転職活動をするうえでポイントとなるのは、どれだけ多くの求人情報を収集出来るかということです。今では転職サイトも数多く有り労せずとも多くの求人情報を手にすることが出来る時代ですが、一方で簡単に手に入る情報は他の誰かも目にしているということでもあります。そのため情報を得るチャンネルはより多く活用すべきです。どのようなチャンネルがあるか知っておきましょう。

転職エージェントからの情報

かつては大手の数社だけだった転職エージェントも、今や何百と存在しています。しかし「どれでもいいや」で利用していては効果的ではありません。

会社毎の特色を掴む

転職エージェントのほとんどがそれぞれの特色を出して求人情報を提供しています。例えば事務系の仕事を多く扱っている会社、製造・物流系に強い会社、医療・福祉系に特化した会社等です。他にも地元密着型、管理職専門といった特色の出し方をしている会社もあります。
ところが実際にはこうした会社毎の特色を無視して闇雲に登録して求人を探している人が大半です。自分の進みたい分野に強い会社を利用することで効果的に求人情報を得ることが出来るようになるのです。

自分の商品価値を掴む

転職支援会社の強みは独自に求人を開拓してくれることでもあります。独自開拓の求人は競合相手がいないので採用になる可能性が高くなりますが、こうした制度を利用するためには貴方自身に魅力的なセールスポイントが有ることが条件となります。会社側からすれば登録者は商品と同じ、魅力的な商品ほどどんどん売り込んでもらえます。転職エージェントを利用するなら予めセールスポイントが有るかどうかを確認しておきましょう。

[参考]みんなの評判は!?おすすめ転職エージェント徹底比較

ハローワークからの情報

民間の会社と比べてあまりいい求人が無いと思われがちなハローワークですが、ハローワークなりの強みもあるのです。

求人の絶対数が多い

民間の会社に求人を出すと掲載料や成功報酬といった名目で費用が掛かります。ところがハローワークでは一切費用が掛かりません。このため会社側からすれば求人が出し易くなり、必然的に多くの求人が集まるようになります。特に中小の会社の大半はハローワークを利用して求人募集を行っています。特筆される能力や実績が無い場合には大手への転職は非常に難しくなるので、中小の会社も視野に入れた情報の収集が欠かせません。
また、求人数が多いため土日祝以外の毎日情報を更新しています。条件のいい求人には応募者殺到しあっという間に取り消されることもあるので、こまめなチェックも大切になります。

会社にメリットのある助成金が使える

ハローワーク求人の最大の利点は、国からの助成金制度が使えるという点です。例えば未経験の人を雇う場合や、60歳以上の高齢者や母子家庭の親等採用されにくい人を雇った場合に、会社側に国から一定額が支給されるという制度があるのですが、こうした制度はハローワークから応募しなければ対象となりません。会社側からすれば助成金制度を使って採用した人は「お金を連れて来てくれた人」となるので、どうせならハローワークに求人を出して採用しようと考える会社も少なくないのです。

知人からの情報

最も効果的でありながら最も活用されていないチャンネル、それが知人からの情報チャンネルです。「知人に失業していることを知られたらみっともない」と考えてしまうのでしょうが、昔と違って今は誰でも失業の可能性がある時代です。それに他のチャンネルに無いメリットもあるのです。

公開されていない求人に出遭える

多くの場合、求人を出す際に一番に考えるのが身近な人に声を掛けるということです。例えば従業員です。「知り合いにこんなことが出来る人はいないかね」といった具合に声を掛け、該当者がいなかった場合に最終手段として外部に求人を出すのです。ここでもし「そういえばあの人が仕事を探していたな」となれば公表される前の時点で応募・面接に辿り着けることになります。つまりライバルがいない状態で選考してもらえることになり、採用の可能性はグッと高くなります。

信用度が上がる

転職の際に能力と同様に重要視されるのが、「職場の雰囲気に合うか」という点です。新卒と違い他社で働いた経験のある転職者は大なり小なり他社の色に染まっているため、ウチの会社に合うかどうかを非常に気にします。その点、自社を知っている人から勧められた人物なら安心出来そうと考え、選考のハードルが下がる可能性があるのです。

これら以外にもフリーペーパーや折込チラシ、店頭の求人募集等様々な媒体で求人情報は発信されています。こうした発信される情報を幅広く集めると同時に、知人に声を掛けるという形で自分からも情報を発信して、より多くの情報を収集することが転職成功の秘訣です。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】DODA

      DODAはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】マイナビエージェント

        マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】リクルートエージェント

          リクルートエージェントの求人の量は国内一。その求人数はなんと約100,000件!そのうちの9割は非公開求人です。 リクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも同時に利用することができるようになります。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る