上がる?下がる?転職による給料の変動と給料アップをつかむためのポイント

転職する理由は人それぞれですが、給料は避けては通れない重要なポイントです。

やりがいがあれば給料は下がってもいいという人もいれば、実力を十分に発揮してたくさんの給料をもらいたいと考える人もいます。

今回は、転職によって給料が上がるケース下がるケースについて解説します。

給料アップのモデルケース

最も多いケースが、同業他社への転職です。

前の仕事で得た経験や知識、ノウハウを生かして即戦力として働けますから、給料もそれに見合った額に増額される事が期待できます。

定額制から成果報酬型の会社へ転職するのも、給料アップにつながる転職です。

営業職などの場合、実力や成績に応じて支給額が決まる給料体型の会社へ転職すれば、実力次第で高い給料を得ることができるでしょう。

安定性は欠けますが、やる気と実力があれば給料の大幅アップも夢ではありません。

全く違う業種に転職しても、給料をアップさせることは不可能ではありません。

働きながら資格を取得し、資格を生かした仕事に転職すればより高い給料の仕事に就くことができるでしょう。

資格の種類や難易度によって条件は異なりますが、ステップアップのチャンスにつながる転職です。

交渉次第で給料は上がるかも

転職では必ず会社側から給与条件が提示されますが、場合によっては給与額を交渉で上げられる可能性があります。

複数の会社から条件提示されている場合や先方からスカウトやヘッドハンティングされた場合、自分に高い価値がある場合などは、交渉によって最初の条件よりも給与を挙げてもらえる可能性はゼロではありません。

ただし、給与についてあれこれ注文を付けてくる人材を嫌う会社も少なくありません。

駆け引きしようとした結果、採用そのものが取り消されてしまう可能性があるので十分注意してください。

新人からのスタートで給料は下がる

前職とは全く関係ない仕事に転職して気分を一新して再スタートを切る。

そんな形の転職をする方も少なくありません。

前職に不満やストレスを抱えていた場合などは、まったく新しい業界で再スタートを切ることはとてもメリットの大きい転職です。

しかし、給料の面では厳しいスタートになることを覚悟しなくてはいけません。

新たにスタートを切るということは、まったくの新人として一からやり直すということです。

前の仕事でどれだけ経験を積んでいたとしても、新たな職場では無関係です。

必然的に給料も新人扱いになりますから、転職による給料の減額は避けられないところです。

もちろん新人に対しても高い給料が支払われる会社も存在します。

ですが、そのような会社はごく一部にすぎません。

前職で常識的な給料が支払われていたならば、勤続年数が長ければ長いほど給料の減額を覚悟しておく必要があります。

地方は平均給与そのものが低い

近年は地方への転職を希望するUターン転職やIターン転職が増えていますが、働きやすさや生活のしやすさはともかく、給料の面では非常に厳しいといわざるを得ません。

平均給与の額は、東京や大阪など大都市圏ほど高く、地方の方が給料額は低くなっています。

以前と同じ業種、同じような仕事に就いたとしても、同水準の給料を維持するのも困難なため、給料が下がってしまうのを覚悟しておく必要があります。

地方は大都市よりも物価が安いイメージがありますが、家賃などの不動産関係を除けば生活費は大都市より安いどころか割高なケースも少なくありません。

下がる給料と増える生活費の両方を受け入れられなければ地本転職を成功させることはできません。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】DODA

      DODAはエージェントからの非公開求人が非常に多く、他社の2〜3倍もあります。 さらに、希少求人もありますので、企業の幅を広げたいという人にもぴったりです。また、パーソナリティや仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、転職活動をスムーズに進めることができます。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】マイナビエージェント

        マイナビエージェントには他の転職エージェントにはない魅力的な求人が多いのが特徴です。また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質が高く、求職者にこまめに対応してくれます。 マイナビエージェントを利用して転職活動をする人の実に8割が書類審査を突破しています。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】リクルートエージェント

          リクルートエージェントの求人の量は国内一。その求人数はなんと約100,000件!そのうちの9割は非公開求人です。 リクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも同時に利用することができるようになります。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        • 1410061

            みんなの評判は!? おすすめ転職エージェント徹底比較

            転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがベストな方法です。 転職エージェントを利用することにより、求人を一件一件探す手間を大幅に省くことができます。また、転職エージェントには非公開の求人情報がたくさんあり、質の良い求人に出会うこともできます。
            詳細を見る

          公式Facebookページはこちら!

          関連記事

          facebook

          人気No.1転職エージェント

          ページ上部へ戻る